韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  今までになかった「本物の電気自動車」がやってくる

今までになかった「本物の電気自動車」がやってくる

「来年が本当の電気自動車時代だ。従来にはなかった電気自動車が、大量に発売される一年になるだろう」。とある自動車メーカーの役員が21年の自動車市場を展望して口にした言葉だ。自動車メーカー各社が数年間研究した結果が集大成された新型電気自動車が、軒並み発売を控えている。

自動車業界は来年こそ、電気自動車の元年になると見ている。単なる試験用電気自動車のレベルではなく、メーカーごとに未来をかけて作った作品を出す予定だからだ。専門家らは、来年市場で追いつかないと、時間が経つほど電気自動車の技術と品質の格差が広がり、追いつくのが難しくなると見ている。28日、自動車業界によると、韓国政府は電気自動車10万台を追加で普及させ、韓国の累積電気車台数を23万台まで押し上げる計画だ。自動車メーカーは、市場攻略のための切り札を次々と準備している。

メーカー各社が死活をかけて準備した武器は、電気車専用プラットフォームを搭載した電気自動車だ。電気車専用プラットフォームは、内燃機関のプラットフォームにバッテリーだけを入れた従来の電気車とは違って、文字通り電気車だけのために開発されたプラットフォームだ。最大の特徴は、エンジンルームがなくなり、車の床が平らになるため、内部スペースが広くなることだ。製造にそれほど複雑な構造ではなく、市場のニーズに合わせて短時間で新しい電気車を準備することが可能になる。こうなれば、自律走行機能など、様々な未来自動車技術を取り入れやすく、消費者が自動車技術の変化を今より劇的に体感できる。

スポンサードリンク
現代(ヒョンデ)自は、2021年を「電気自動車跳躍の元年」と定めた。最初の作品として、電気自動車専用プラットフォーム「E-GMP」を適用したアイオニック5が発売される。現代自の内部では「アイオニック5」について、「どことなくスペースがあるようだ。レベルが違う」とまで言う。E-GMPは、一度充電すれば、国内基準で500キロ以上走行できる。800V充電システムを備えており、超高速急速充電器を利用すれば、18分以内に80%充電が可能だ。現代自の関係者は、「会社としては、数年間の研究で出すアイオニック5の成功が非常に重要だ。電気自動車専用プラットフォームの成功は、グループの未来車成功のカギと言える」と語った。
https://www.donga.com/jp/

2020-12-29-k003.jpg

電気自動車のデメリット
① 1回の充電での走行距離はメーカーごとに改善されてきているが、ガソリン車などに比べるとまだまだ劣っているのが現状。
② 以前はカーディーラーなどに充電スタンドの設置が限られていた。現在はショッピングセンターや大型ホームセンターの駐車場、マンションの駐車場などにも充電スポットの設置が進められており、利便性は向上してきている。
③ ガソリンスタンドでの給油は5分程度だが、電気自動車の充電には急速充電でも最低数10分程度は時間がかかる。お買物のついでや電気料金が安い夜間を利用するなど、空き時間をうまく活用したり、効率的に充電する工夫も欠かせない。
④ ガソリン車などに比べると、車両本体価格が高い。前述した国や都道府県などの補助金を活用しながら、ランニングコストも考慮の上、購入を検討する必要がある。

上記を掲げているのが一般的ではあるが、さらに重要なのは、数時間もの渋滞時における冷暖房使用時のバッテリーへの不安となる。自分で充電するシステムを持たない現状では、今後の大きな課題となる。特に日本での豪雪地帯や、夏場での渋滞地区などでは、不安が大きいだろう。 

今後の技術で考慮すれば、水素エンジンやソーラーパネルで発電しつつ充電するシステムは不可欠になると考える。水素エンジンと電気モーター併用に進む可能性もあるのでは…。

関連記事

[ 2020年12月29日 09:07 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp