韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代自グループの9車種が米国の「グッドデザインアワード」を受賞

現代自グループの9車種が米国の「グッドデザインアワード」を受賞

現代(ヒョンデ)自動車グループの9車種が、米国で権威あるデザイン賞「2020グッドデザインアワード」を受賞した。正式な発売を控えて、次世代電気自動車の姿を垣間見ることのできるコンセプトカー2つも受賞作に名を連ねた。

現代自グループは30日、今回のアワード受賞作に、現代自の4つ、起亜(キア)自の2つ、ジェネシスの3つが選ばれたと明らかにした。米グッドデザインアワードは今年で70回目を迎え、製品のデザインから使用性、環境へのやさしさなど多様な基準で評価する。今年は世界の48カ国で、約900点が最終受賞作となった。 特に現代自動車が来年と2022年に発売する次世代電気自動車「アイオニック5」と「アイオニック6」のコンセプトカー「45」と「プロフェッシュ」が、受賞作に選ばれた。発売していない製品のコンセプトデザインが好評を受けたのは珍しい、というのが現代自側の説明だ。現代自が昨年11月に出した電気自動車の超高速充電設備「ハイチャージャー」も名を連ねた。「オールニューアバンテ」を除けば、現代自のすべての受賞作が電気車と関連している。

1970年代の航空機のデザインを思わせるスポーツ・ユーティリティ・ビークル(SUV)45は、直線を使ってダイヤモンドを連想させる外観が好評を受けた。「予言」を意味するセダン・プロフェシーは、「感覚的で華やかな」という意味の現代自動車のデザイン方向「センシュアス・スポーティネス」(Sensuous Sportiness)が施され、未来の電気自動車デザインの青写真を示しているという評価を受けた。ハイチャージャーは、電気車の充電開始から仕上げまで、ユーザーの利便性を打ち出した構造が受賞理由に挙げられた。

スポンサードリンク
ジェネシスは、今年初めて披露したSUV「GV80」をはじめ、セダン「G80」、インフォーテインメントシステムで受賞した。2015年から6年連続の受賞という記録を続けた。ジェネシスブランドを象徴する前面部の2列の「クアッドランプ」(前照灯)、盾を思い浮かばせる吸気口「クレストグリル」などのデザイン要素が良い評価を得た。特に、インフォーテインメントシステムは、金属の質感を感じさせるジェネシスの象徴色「カッパー」を基にしたことが視認性を高めていると評価されている。量産車としては、現代自のオールニューアバンテ、起亜自のセダンの第3世代「K5」、SUVの第4世代「ソレント」の3件が受賞した。
https://www.donga.com/jp/

hyundai-1.jpg

現代・起亜自動車、ジェネシスは7車種が米国の「2019 グッドデザインアワード」で、輸送デザイン部門の受賞作に選定されている。現代自はパリセードとソナタ・センシャスなど2車種で受賞作を出し、 パリセードは豊かなボリューム感と立体的な大型カスケ―ディンググリルをベースに作られ、人間工学的な設計が適用された。 ソナタ・センシャスは現代自動車が2018年3月、ジュネーブモーターショーで公開したコンセプトカー「Le Fil Rouge」を通じて提示した現代自の次世代デザイン哲学を具現したセダンだ。

もっとも現代自においては、賞の受賞と売り上げとの因果関係は見当たらない。それどころかリコールの嵐となる。水素自動車にしても電気自動車にしても、問題点をクリアしないうちに自国インフラがはじまり、中途半端で終わるのが韓国となる。一方のトヨタは新型ミライが注目を集めている。またバッテリー分野でも固体電池が進んでおり、トヨタが世界をどう先導するかは興味深い。ただ電気自動車は渋滞に巻き込まれたら、逃げ場はない。いかにクリーンであり、尚且つ車自体に充電するシステムを構築搭載できるかが大きなカギとなる。今後の技術競争が加速する。

そういう意味では水素と電気の統合もありうる。技術を多数持ったトヨタの動きは今後非常に重要となる。

関連記事

[ 2020年12月31日 09:22 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp