韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「K防疫」への過信が招いたワクチン確保不信

「K防疫」への過信が招いたワクチン確保不信

コロナ対策が一番うまくいった国に数えられるシンガポールは、米製薬大手ファイザー、ドイツのバイオエンテックが共同開発したコロナワクチンの接種を間もなく開始する。20年12月初め、英国を皮切りに米国、カナダなどが接種を開始したワクチンだ。21日にはアジアで初めてファイザー・バイオエンテック製ワクチンがシンガポールに到着した。米モデルナ、中国の北京科興生物製品(シノバック・バイオテック)、米アークトゥルス・セラピューティクスのワクチンも相次いでシンガポールに供給される予定だ。

人口570万人のシンガポールは20年4月に1日の新規確定患者数が最高(1111人)を記録後、比較的安定した形で感染規模をコントロールした。10月からは1日の感染者数が20人未満だ。26日現在でコロナによる死者数は韓国が808人、シンガポールが29人だ。シンガポールの人口が韓国の10分の1であることを考慮しても、韓国政府が誇る「K防疫」に肩を並べる防疫成果を上げている。

ところが、ワクチンに関する両国の態度は異なった。シンガポールは確定患者数が1桁台に抑えられていた期間もワクチン確保に全力を挙げた。ワクチン購入に10億シンガポールドル(約780億円)の予算を割り当て、複数種のワクチンを先行購入した。第3相臨床試験の結果が公開されていない中国・シノバックのワクチンも最近確保したという。シンガポールのリー・シェンロン首相は12月14日、ファイザー製ワクチンの使用承認を発表する国民向け談話で、「多様なワクチンに賭けた」と述べた。安全性と効果が完全には確認されていない状況でもかかる費用を覚悟し、複数のワクチンを確保したのだ。リー首相は21年7-9月までに全国民への接種に十分な量を確保すると説明した。

スポンサードリンク
韓国は全国民がいつワクチンを接種できるか約束できずにいる。韓国政府は20年11月、英アストラゼネカのワクチン1000万人分の購入契約を結んだのに続き、12月24日にはファイザー(1000万人分)、ヤンセンファーマ(600万人分)との購入契約を完了した。アストラゼネカのワクチンは早ければ21年2月に接種が始まる。ヤンセンのワクチンは21年4-6月、ファイザーのワクチンは21年7-9月に一部が確保できる予定だという。1年後の21年末でもワクチン接種による集団免疫は期待できないかもしれないことを示している。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/12/31/2020123180018.html

2020-12-12-k003.jpg

韓国は昨年12月26日、新型コロナウイルス感染者が過去最多となる1241人を記録した。唯一の救援投手であるワクチンを確保できていない状態のため当分この勢いは止めにくいものと懸念される。防疫とワクチンを政治に利用したのは政府・与党だ。韓国では第3波で大騒ぎなのに、10~12月に東南アジア諸国にK防疫を広報するのに8億ウォンを使った。すでにファイザーのワクチンを確保したシンガポールと、1日の感染者数が1桁のタイやベトナムなどに恥ずかしい自慢をした。このように韓国政府が広報に熱を上げる間に主要国は早くからワクチンを確保して実利を得ていた。

韓国政府がタイミングを逃したことは丁世均首相も認めている。彼は「政府がワクチンタスクフォースを稼動した昨年7月の感染者が100人水準のためワクチン依存度を高める考えをしなかった側面がある」と打ち明けた。当初から防疫を強調した韓国政府はワクチンをおろそかにした。窮地から抜け出そうとメディアのせいにしないでいまからでも心からの謝罪をした上でワクチン確保に総力を挙げるべきだが、韓国政府が失策を認めず覆い隠そうとする事で、国民の不安ばかりが大きくなっている。

関連記事

[ 2021年01月03日 08:54 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp