韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国で人口が初めて減る、「貧富の格差是正に役立つかも」という声も

韓国で人口が初めて減る、「貧富の格差是正に役立つかも」という声も

中国メディア・南方都市報は5日、韓国で初の人口減少が起き、一部地域について当局が警告を発したと報じた。 記事が韓国行政安全部(行安部)の3日の発表として伝えたところによると、2020年12月末時点の韓国の人口は前年同期比2万800人減の5182万9000人だった。出生数は27万5800人、死亡数は30万7700人で、近年、出生率の低下が続く同国だが、20年は初めて死亡数が出生数を上回った。このほか、人口の約半数を首都圏(2603万8300人)が占めており、行安部は「経済、医療、教育インフラが脆弱な地域の危機的状況はエスカレートしている」との警告を発して政府に政策の「根本的な変更」を行うよう呼び掛けたという。

韓国の専門家は「この現象の原因は多方面にわたる」と指摘し、育児にかかる費用や急上昇する不動産価格、激しい競争社会で高い収入を得られる仕事に就きにくいという点に言及。働く母親が家事と子育ての重責を背負いながら自身のキャリアを維持しなければならないことも、人口減を招いた重要な要素という。

記事はまた、ネットに寄せられた韓国人の反応も伝えており、「共働き世帯が安心して子育てができるようにならない限り現在の状況は続く」という意見が出る一方、「人口の減少は韓国の二酸化炭素の排出量を減らし、貧富の格差是正に役立つかもしれない」との声も聞かれたと説明した。
https://www.recordchina.co.jp/b865115-s0-c30-d0063.html

スポンサードリンク
韓国の行政安全省は3日、2020年末時点の人口が約5182万9千人となり、前年比で約2万人減ったと発表した。1970年に統計を取り始めて以降、減少に転じたのは初めて。急激に進む少子化で死者数が出生者数を上回ったためで、韓国政府の予想より9年早く人口減社会に突入した。 発表によると、20年の出生者数は過去最少で、前年比約10%減の約27万5800人。30年前(約65万人)と比べ、6割近くも減った。一方、死者数は約3%増の約30万7千人だった。

2021-01-07-k003.jpg

ソウル大学人口政策研究センター長は、「30年という一つの世代で人口の変動がこれだけ出るのは、戦争をしている国を除けば、世界中で韓国だけだろう」と指摘する。韓国政府は2016年、人口減少は29年から始まると予想していたが、実際はそれより早かった。19年には合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産むと見込まれる子どもの数)が2年連続で1を下回る0・92となり、専門家は20年はさらに低くなるとみていた。

関連記事

[ 2021年01月07日 09:34 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp