韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  イラン、韓国国内で凍結された資金で医療装備の購入を要請

イラン、韓国国内で凍結された資金で医療装備の購入を要請

イラン政府は韓国政府に対し、韓国国内に凍結されているおよそ8兆ウォン(約7600億円)の石油代金のうち、約1兆ウォン(約950億円)を医療機器購入に充てたい意向を伝えてきたという。韓国船籍のタンカー抑留問題解決を目指す交渉団は7日にイラン現地に到着したが、韓国外交部(省に相当)は「(凍結資金問題解決に向け)複数の創造的な方策を考えている」とコメントした。

韓国とイランの関係に詳しい外交筋によると、イランのロウハニ大統領は昨年、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に2回親書を送り、韓国国内の銀行に凍結されている石油代金に対する実質的な対応を要求した。その際、イラン国内でコロナ患者が急増しているため、韓国にある資金で診断キットなどの医療機器を購入したい意向を伝えてきたという。また送金の際に米国の制裁を意識した銀行が資金を凍結する事態を懸念し、韓国政府の保証も要求したようだ。これについて外交部の関係者は「具体的な事実確認は難しい」としながらも「両国はワーキンググループを立ち上げ、ワクチンや医療機器を含む人道的な取引拡大に向け話し合ってきた」と説明した。

韓国外交部の崔鍾建(チェ・ジョンゴン)第1次官は今月10日にイランを訪問するが、その際イラン政府は凍結資金問題の実質的な解決策を持ってくることを期待しているという。米国の金融網を経由しない医療機器などの輸出、あるいは米国を経由する場合でも、資金は凍結されないとする韓国政府の保証などについて話し合われる可能性が考えられる。青瓦台(韓国大統領府)のある幹部は「抑留状態を迅速に解決するために多角的な努力を傾けたい」とコメントした。

スポンサードリンク
イラン駐在の韓国大使館職員らで構成された現場の支援チームは、抑留中のタンカー乗組員らと直接面会し、安全を確認した。外交部の崔泳杉(チェ・ヨンサム)報道官はこの日行われた定例のブリーフィングで「乗組員らは(イラン側から)暴力などを含む危険な取り扱いや、問題となる対応は受けていないと話していた」と説明した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/01/08/2021010880033.html

2021-01-06-k005.jpg

イランが韓国船籍の「韓国ケミ号」を拿捕(だほ)した背景に挙げられている韓国国内の「イラン資金」は、イランが過去およそ2年間、韓国から回収できずにいた8兆ウォンで、現在のレートで約7560億円前後の資金となる。イランが保有する海外資産の中では最大規模といわれている。この資金は、2018年に米国のドナルド・トランプ政権がイランとの核合意から脱退して対イラン制裁を強化した際、韓国国内の銀行で凍結された状態にある。

韓国・イラン両政府は2010年、米国がイランに対する金融制裁に乗り出してドル送金ルートがふさがれると、ウリ銀行および企業銀行にウォン決済口座を作り、輸出入代金用として使うことで合意した。例えば、イランが韓国に原油を輸出したら、韓国側は代金をドルではなくウォンで支払ってこの口座に振り込み、イランが韓国企業から商品を輸入する際には、この口座から資金を引き出して韓国企業に支払う-という方式だ。

こうした相殺方式で貿易を行うと、イランに直接ドルが流れ込まない。当時は、韓国が支払う原油代金がイランの核兵器開発の資金に転用されないという確信を米国政府に植え付けることが重要だったため、この方式は「神の一手」と考えられた。韓国はイランに自動車部品や化学製品を主に輸出し、イランから原油を輸入した。

しかしトランプ政権が、イランとの貿易自体できないように制裁を強化したことで状況が変わった。ウリ銀行・企業銀行のイラン中央銀行名義の口座は凍結され、イランのメラト銀行ソウル支店は営業停止となった後、資金を一時的に韓国銀行へ預けなければならなかった。この3銀行にあるイラン資金は8兆ウォン前後、ドルに換算して70億ドルほどだと韓国政府関係者は説明している。

関連記事

[ 2021年01月08日 11:14 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp