韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  メキシコにも遅れをとる韓国の機械産業…世界8位に下落

メキシコにも遅れをとる韓国の機械産業…世界8位に下落

韓国機械産業の輸出規模が8年ぶりに世界5位から8位に下落した。中国の急激な追撃で10年ぶりに機械産業の輸出競争力も逆転されたことがわかった。 韓国機械産業振興会がこのほど公開した「国連統計で見た主要国の機械産業」と題する資料によると、2018年基準で韓国の機械産業輸出は235兆ウォン(約2170億ドル)で8位となった。257兆ウォン(約2370億ドル)で5位を記録した1年前に比べて3階段下落した。2010年から維持してきた5位から8年ぶりに押し出された。

1位は859兆ウォン(約7910億ドル)を記録したドイツが占めた。810兆ウォンの中国が2位となった。次いで米国が5000万ドル、日本が4170万ドルと続いた。このほかメキシコが2310万ドル、フランスが2300万ドル、イタリアが2230万ドルで初めて韓国を上回った。

韓国が1位を占めた機械産業輸出分野は皆無だった。造船、光学機器、金型、ボイラーなどの分野で世界2位に上がった。この分野で1位の輸出国はいずれも中国が占めた。この10年間に中国は機械品目別輸出競争力指数(RCA)でも韓国を大きく上回ったことがわかった。RCA指数が1より大きく比較優位にあると評価される機械品目数は韓国が6品目から9品目に増える間に中国は7品目から12品目に増加した。中国が比較優位にある機械品目は建設機械、繊維機械、冷凍空調機械、ベアリング、金型などでほとんどが韓国と重なった。

スポンサードリンク
製造業に直撃弾を浴びせた週52時間労働制と、近く施行される重大災害企業処罰法など各種規制により機械産業の発展が萎縮する可能性は大きいと専門家らは口をそろえる。産業研究院のパク・グァンスン選任研究委員は「機械業は製造業の中で最も多い9700社の企業と43万人の雇用人材を保有している産業。機械業は第4次産業革命でも基盤になる産業。政府が次世代産業だけを育成するのではなく機械産業にも関心を持たなければならない」とした。
https://japanese.joins.com/JArticle/274278?servcode=300§code=300

2021-01-11-k001.jpg

韓国の2018年機械産業生産は、前年比2.1%増の107.3兆ウォン、輸出は前年比8.0%増の607億ドル。生産額は2016年に減少した後、先進国の景気回復、中国の建設景気の好調で再び上昇傾向にある。2018年機械産業の輸出は11月まで半導体・ディスプレー装備などの全分野にわたって前年比増加し、半導体装備は前年比31.0%、ディスプレー装備18.3%、その他機械11.1%、産業機械13.5%増加。輸入はディスプレイ装備が–76.4%で最も減少し、基礎産業機械、その他機械も前年比減少するなど、全体的に0.5%減少した523億ドルを記録。

国別では、対ドイツ、対中への輸出入上昇が著しいが、対米、対日、対欧州(ドイツを除く)輸出は増加したものの、輸入は減少した。2019年機械産業は、上半期には先進国経済の好調による前方産業中心の堅調な輸出で上昇傾向となったが、下半期には低迷局面となった。NAFTAの再交渉、米・中貿易戦争の長期化、米国の保護貿易の拡大などで貿易不確実性が増加し、対中輸出減少が懸念されていることにより、機械産業の生産額は108兆ウォン台で1%台にとどまった。

細部の業種別2019年の見通しは「工作機械=安定」、「プラント=安定」、「建設機械=安定/好調」、「半導体装備=安定」、「ディスプレー装備=低迷」に要約できる。

関連記事

[ 2021年01月11日 08:56 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
算数は苦手
相変わらず単位が…万ドル ➔ 億ドル
[ 2021/01/11 11:34 ] [ 編集 ]
億と万の単位は、そもそも韓国経済新聞が間違えたようですよ。
しかし中央日報も引用元に確認して訂正しないのか。
相変わらず事実には興味がない連中。
[ 2021/01/11 15:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp