韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  テスラの充電ステーションが中国で700カ所突破

テスラの充電ステーションが中国で700カ所突破

米電気自動車(EV)大手テスラは11日、中国で開放する急速充電ステーションが700カ所を突破し、設置した充電ポールは5700本を超え、充電ネットワークが中国の300都市をカバーしたことを明らかにした。中国新聞社が伝えた。

注目されるのは、テスラは2020年だけで中国に急速充電ステーションを410カ所以上建設し、そのうち180カ所あまりが「スーパーチャージャーV3」だったことだ。14年に最初のステーションを建設してから、テスラは大陸部の充電ネットワーク展開を絶えず加速させ、100カ所から300カ所に増えるのには3年かかったが、300カ所から500カ所になるのにたった11カ月、500カ所から600カ所は1カ月足らず、600カ所から700カ所はわずか20日間しかかからなかった。

テスラによると、テスラは上海市で4200万元(約6億7700円)を投資して、研究開発と生産が一体となった急速充電ポール工場を建設する計画で、このプロジェクトは21年第1四半期(1-3月)にスタートし、当初の計画ではスーパー充電ポールを毎年1万本(主にスーパーチャージャーV3)生産するという。

スポンサードリンク
これまで、テスラの高速充電ポールはすべて米国から輸入されており、上海の工場が稼働すれば、テスラの中国での充電ポール建設ペースはさらに加速することになる。テスラは、「数年の探求と発展を経て、テスラは中国で東西にまたがり、南北を貫く緻密な充電ネットワークを構築している。こうしたネットワークの支援の下、EVユーザーは中国の壮大で美しい自然の中をどこへでも出かけられるようになった」と説明した。
https://www.recordchina.co.jp/b867033-s10-c20-d0046.html

2021-01-14-k003.jpg

昨年11月17日、オレゴン州コーバリスでテスラのモデル3がクラッシュし、現場から離れた場所にまで熱いバッテリーの破片をばらまいた。警察によると、2つのセルが近くの家の窓を突き破り、1つは住人の膝に着地し、もう1つはベッドに落ちてシーツに火をつけたという。コーバリスの警察によると、ドライバーは時速100マイル(160km)を超える速度を出していたが、軽傷ですんだとの事。テスラ(Tesla)は過去にもバッテリーパックが炎上して話題になったことがあるが、11月17日にオレゴン州コーバリス(Corvallis)で起きた事故は、電気自動車(EV)が自分だけでなく周囲にも火災の危険をもたらすことを示唆している。

​The Driveが報じたこの事故では、スピードを出し過ぎたモデル3(Model3)が電柱に衝突して根元から切断した上、事故現場から離れた場所に車の破片をばらまいたと、コーバリス警察がフェイスブック(Facebook)で発表した。モデル3は壊滅的な損傷を受け、バッテリーパックが破壊されて燃えるように熱くなったバッテリーセルが周囲に飛んでいったとの事。電気自動車(EV)の場合、バッテリーの過熱は常に問題であり、電池が保護パックと冷却システムを離れたときになりやすいという。、EVが周囲の環境に灼熱のバッテリーを吐き出すことは、車外の人にとっては恐ろしい。

関連記事

[ 2021年01月14日 09:16 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp