韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国中小企業経営者ら「今年の経済も昨年のように暗鬱で売り上げも減るだろう」

韓国中小企業経営者ら「今年の経済も昨年のように暗鬱で売り上げも減るだろう」

中小企業の最高経営責任者(CEO)の10人中9人は今年の韓国の経済状況を「深刻か昨年と同水準だろう」と予想した。中小企業中央会は13日、「中小企業CEOを対象に調査した結果、大部分が新型コロナウイルスが流行した昨年に続き今年の経済状況も厳しいだろうと答えた」と明らかにした。

中小企業中央会は4~7日に中小企業411社のCEOを対象に「2021年経営見通し調査」を実施した。「深刻だ」という回答が47.7%、「前年と同水準」が41.8%で、90%近くが否定的に答えた。今年の経済が良好だろうという答は10.5%にとどまった。今年の経済状況を否定的に予想する理由としては、「新型コロナウイルスにより内需不振が続くだろう」という回答が86.7%で最も多かった。次いで「企業規制中心法案と政策」が10.2%、「大企業と中小企業の二極化深化」が3.1%の順となった。対外要因としては「世界的成長率鈍化」が75.0%、「輸出規制など保護貿易主義拡散」が13.3%、「米中貿易紛争」が7.1%などと続いた。

中小企業CEOの37.0%は前年比で今年の売上が「減るだろう」と答えた。「前年と同水準」が47.4%、「増えるだろう」は15.6%にとどまった。今年経営に最も大きな影響を及ぼす対内外要因(複数回答)では、71.0%が「全般的な景気心理回復の有無」を挙げた。次いで「政府の政策支援の有無」が46.2%、「企業運営要件充足の有無」が33.6%の順となった。

スポンサードリンク
今年政府と国会に望む中小企業支援政策(複数回答)に対しては「内需活性化支援」が48.2%、「政策金融・税制支援強化」が43.8%、「企業活動に対する過度な規制立法緩和」が38.2%、「週52時間勤務制補完」が27.5%などとなった。中小企業中央会のチュ・ムンガプ経済政策本部長は「新型コロナウイルス長期化で内需萎縮と内外の不確実性などが中小企業の今年の経営見通しに否定的な影響を及ぼしたとみられる。最近経営活動を固く締めつけている経済3法、重大災害企業処罰法、週52時間勤務制度などの規制法案と政策に対し政府レベルの補完立法など政策的配慮と積極的な支援が必要だ」と強調した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/5bd32c9ad11fc850b1db07957e7000df955976e5

2014-02-22-wa-1.jpg

韓国では、与野党が「経済界の声も聞いてほしい」という訴えに背を向け、労働界・市民団体の意見が反映された重大災害企業処罰法(重大災害法)処理を強行し、経済界は衝撃と挫折に陥っている。中小企業中央会など16の中小企業団体は7日、「憤りを禁じ得ない」とし、韓国経営者総協会も「遺憾であり、挫折感を感じるしかない」という立場だ。 国会法制司法委員会で与野党が合意した重大災害法は、経済界の「事業主処罰の下限制廃止」「事業主が守るべき義務規定の具体化と一部免責」などの要求をすべて拒否した。金基文中小企業中央会長が最後まで「事業主処罰条項の下限だけでも上限に変えてほしい」と訴えたが、これも受け入れられなかった。

中小企業団体はこの日の論評で、このまま法が施行される場合、元請け・下請け構造などで現場の接点にある中小企業はすぐにも法律違反者になるかもしれないという不安感と、コロナ事態で職員を守る力もない状況で事業の存廃を深刻に悩むしかないとじている。今の韓国は規制で抑え込むだけで対応策は無い。結局生き残りをかける企業は、大手企業と共に中小企業までもが韓国を離れるしか道はなくなる。

関連記事

[ 2021年01月15日 08:27 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp