韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国イースター航空が更生手続き申請

韓国イースター航空が更生手続き申請

韓国格安航空会社(LCC)のイースター航空が会社更生手続きを申請したことが15日、わかった。同社関係者が明らかにした。裁判所が主導する形でスポンサー探しを進める。同社は現在、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて国内線・国際線の約20路線の全便を運休している。

韓国内でLCCの更生手続き申請は初めて。イースター航空は非上場の中堅LCCで、東京(成田)や大阪(関空)のほか札幌や福岡など日本の7都市にも就航していた。裁判所管理下で債務減免交渉とともに売却先探しも進める。韓国の聯合ニュースによると、建設会社やファンドなど韓国企業4社が買収に関心を示しているという。 イースター航空は2020年3月に同業大手の済州(チェジュ)航空が買収することで最終合意した。しかし感染症の影響拡大で旅客需要がなくなり、済州航空側が合意を撤回した。その後も売却先を模索してきたものの、債務負担が大きく難航していた。

韓国には大韓航空とアシアナ航空のほかLCCが7社ある。規制緩和を進めた結果だ。もともとの過当競争に加えて19年には日韓対立の影響で日本路線が低迷し、20年はコロナが直撃した。大韓航空がアシアナ航空買収を決めるなど航空会社の淘汰・再編が進んでいる。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM1471S0U1A110C2000000

スポンサードリンク
企業の倒産手続きを専門に担当する韓国のソウル回生裁判所は15日、会社更生手続きの開始を申請した格安航空会社(LCC)のイースター航空について、保全処分と包括的禁止命令を出す方針を発表した。全処分と包括的禁止命令は更生手続きの開始前に債権者が資産の仮差し押さえや売却ができないようにし、すべての債権を凍結する措置。韓国航空会社の更生手続き申請は、コロナの感染拡大後は初めてとなる。

2021-01-16-k002.jpg

裁判所によると、イースター航空は14日、M&A(合併・買収)などを通じて、航空運送業を継続する方法を模索するため更生手続きを申請した。 イースター航空は2019年12月から進めていた構造調整の一環として国内同業のチェジュ航空との合併を進めたが失敗。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大により、厳しい環境に置かれた。 裁判所は「合併や買収を通じ、イースター航空の専門技術やノウハウを活用できる方法を探す計画」としている。

関連記事

[ 2021年01月16日 08:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp