韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  李在鎔収監は韓国だけの独特な事例

李在鎔収監は韓国だけの独特な事例

在韓米国商工会議所(AMCHAM)は19日、オンラインで新年記者会見を開いた。米国商議は韓国に進出した米国企業800社余りを代表する経済団体だ。会見では前日の李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長再収監に関する質問が出た。ジェームズ・キム会長は「李副会長の収監は韓国で企業経営者がどれだけ多くの刑事責任を背負っているかを示す独特な事例だ」と述べた。韓国系米国人のキム会長は韓国マイクロソフト社長、韓国GM社長などを歴任しており、韓米両国の企業環境に詳しい。キム会長は「韓国はコンプライアンス費用が他国よりもかかる。最高経営責任者(CEO)が韓国で負う法的リスクは香港、シンガポールよるもはるかに高い」と強調した。

李副会長の収監で韓国の企業経営者が耐えなければならない「法的リスク」を指摘する声が高まっている。商法、重大災害企業処罰法、公正取引法など法的規制はますます増える中、企業経営者を締め付ける政界の要求は以前と変わりがないと指摘されている。財界からは企業経営者に対する法的処罰が「法律による裁判ではなく、世論裁判になっている」「サムスンだけの問題ではなく、自分たちも誤って引っ掛かればいつでも終わりになりかねない」という懸念が高まっている。

今回の一件で主な企業グループのトップも強い衝撃を受けているという。主なグループの法務・対政府担当チームは予想外の判決の原因把握などに奔走した。5大グループの幹部は「検察はターゲット捜査で元々知られていたが、裁判所には『最後のとりで』というかすかな希望があった。それまでもが消え去った」と話した。

スポンサードリンク
特に最近の社会的ムードを見ると、常識と呼ばれる最小限の法的安定性まで崩れる流れがあり、懸念する声が多い。企業は「重大災害企業処罰法やコロナ利益共有性の論議などを見ると、どんな事案であっても、世論の俎上(そじょう)に上がれば、憲法上の基本概念が無視されるが、李副会長の再収監まで重なりさらにショックだ」と指摘した。

財界からはコロナを克服し、景気回復を図るためには、サムスンの役割がいつになく大きく、そんな時期のトップ不在を惜しむ声がある。昨年ロボットメーカーのボストン・ダイナミクスを買収した現代自動車、インテルのNAND型フラッシュメモリー事業を買収したSK、世界3位の自動車部品メーカー、マグナと電気自動車(EV)合弁会社を設立したLGグループとは異なり、サムスンは最近5年間、大規模な合併・買収を行っていない。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/01/20/2021012080002.html

2015-01-08-sa-1.jpg

サムスン電子の李在鎔副会長が18日の差し戻し審で実刑を宣告されると、財界関係者らは当惑を隠せなかった。新型コロナウイルスの感染拡大で厳しい状況にある経済界に悪影響を与える恐れがあるという懸念からだ。全国経済人連合会は今回の判決でサムスンの経営活動だけでなく韓国経済も萎縮する可能性があると懸念する。

韓国経営者総協会と大韓商工会議所もサムスングループの経営空白が現実化したことに対し遺憾を示した。経総関係者は、新型コロナウイルスで各国が自国産業保護中心の経済政策を展開するなど経済的不確実性が大きくなったとし、韓国を代表するグローバル企業の経営空白で重大な事業決定と投資が遅れれば、韓国の経済・産業全般にも波紋は大きいだろうと話している。

関連記事

[ 2021年01月20日 08:18 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp