韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代自の水素燃料電池発電システムが韓国独自技術の基盤で本格稼動

現代自の水素燃料電池発電システムが韓国独自技術の基盤で本格稼動

現代(ヒョンデ)自動車の独自技術を基盤に製作された水素燃料電池発電システムが、本格的に稼動する。現代自は20日、韓国東西(トンソ)発電やトクヤンと共同で開発した水素燃料電池発電システムの完成式を開催し、試験運営に入ると明らかにした。

現代自が開発した1MW級水素燃料電池発電システムは、500キロワットの電力生産が可能なコンテナモジュール2台で構成されている。ネクソ水素電気車車両用燃料電池モジュールを発電用に活用したのが特徴だ。

蔚山(ウルサン)石油化学団地で生産された副生水素を水素配管網を通じて供給を受け、年間8000MWhの電気を生産する。これは1年間2200世帯に電力を供給できる量だ。数台のネクソ水素電気車のパワーモジュールがコンテナに搭載される方式であるため、今後コンテナの台数に応じて供給量を増やすことができる。
https://www.donga.com/jp/

スポンサードリンク
燃料電池の主なメリットとしては、発電効率が良いこと、地球上に水素と酸素がある限り安定して発電できること、化学反応のみで発電するので騒音が発生しないこと、発電の際に排出されるのが水のみであり、環境に優しいことの4点が挙げられる。 燃料電池車は水素自動車とも呼ばれ、ガソリンではなく水素を燃料として走る。ガソリン車がガソリンを燃料にしてエンジンを動かすのに対し、燃料電池車は水素を燃料にしてモーターを回転させて走るのが特徴。

2021-01-21-k006.jpg

水素から動力を得る仕組みには大別して二つあり、水素を直接エンジンで燃焼させるタイプと、水素と酸素を化学反応させて燃料電池を発電し、動力を得るタイプがある。とくに燃料電池を使っているタイプを区別して燃料電池車と呼ぶのが一般的。電力によってモーターを動かして走るという点では、電気自動車に近い仕組みだと言える。燃料電池車(fcv)と電気自動車(ev)の決定的な違いは、燃料電池車は燃料電池を、電気自動車は蓄電池を搭載しているという事だろう。燃料電池は電力を自ら発電できるが、蓄電池には発電する機能は無い。その名の通り電力を蓄えておき、それを用いてモーターを動かすため定期的に充電する必要がある。

電気自動車が400kmほどなのに対し燃料電池車は約650kmから750kmほど走行可能で、燃料電池車の方が長い距離を走れます。次に燃料の補給にかかる時間です。燃料電池車はガソリンと同じように短時間で補給できますが、電気自動車では電力が0%の状態からフル充電する場合、家庭用充電では一晩ほどかかる。補給方法についても違いがあり、電気自動車はステーションだけでなく家庭でも充電可能だが、燃料電池車は専用の水素ステーションでないと補給でき無い。また、水素の貯蔵には厚くて頑丈な高圧タンクが必要となり、その分、電気自動車よりもコストが高くなる。

関連記事

[ 2021年01月21日 08:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp