韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、電気自動車・バッテリー市場で「勝機」つかんだ…バッテリー1位・電気自動車5位

韓国、電気自動車・バッテリー市場で「勝機」つかんだ…バッテリー1位・電気自動車5位

電気自動車時代が近付く中で韓国の電気自動車用バッテリーは世界1位、現代・起亜自動車は電気自動車販売で世界5位に上がった。電気自動車大戦の初期局面ではあるが韓国の電気自動車とバッテリーが既存の内燃機関車時代より世界的な位置付けがさらに大きくなるだろうという期待感が高まっている。

電気自動車調査会社のEVボリュームズが21日に明らかにしたところによると、先月の世界の電気自動車販売台数はプラグインハイブリッド車を含め59万台で、前月の42万台から大きく増えた。EVボリュームズは昨年11月の販売台数を根拠に今年の電気自動車販売台数を450万台と予測したが、先月の販売が急増し今年の予想値を上方修正するものとみられる。

昨年の世界の電気自動車販売台数は324万台で、2019年の227万台より43%増加した。国別販売台数では中国が134万台で全体の41%を占め、ドイツが39万台、米国が32万台、フランスが19万台、英国が18万台と続いた。ドイツが米国を抜いて世界2位に上ったのが目に付く。欧州の電気自動車販売急増は各国の電気自動車補助金政策とともに新型コロナウイルスを体験した消費者がエコカーの購入を増やしたのが要因だ。韓国は5万2000台で市場規模では10位圏を維持した。

スポンサードリンク
電気自動車メーカー別ではテスラが49万台で1位を占め、フォルクスワーゲンが42万台、GMが23万台、ルノー日産が22万台と続き、現代自動車は22万台で5位を占めた。GMの販売台数は中国合弁会社の上海GM五菱の宏光ミニの販売分約8万台が含まれた数値だ。また、プラグインハイブリッド(PHEV)を除いたフォルクスワーゲンの純電気自動車販売は23万台でPHEVを除いた現代・起亜の約18万台と格差は大きくない。業界では事実上の3位圏とみている。
https://japanese.joins.com/JArticle/274670?servcode=300§code=320

hyundai-3.jpg

カリフォルニア州サンタクララ、ソウル — 2020年11月9日 — NVIDIA と現代自動車グループは本日、同社のヒュンダイ、起亜、ジェネシスの各モデル全ラインナップについて、2022 年から NVIDIA DRIVE™ が車載インフォテインメント (IVI) システムに標準装備されることを発表している。エントリーレベルからプレミアム車両までの全車両に、永続的に更新可能な、ソフトウェア定義の豊富な AI ユーザー エクスペリエンスが備わることになる。

近年の AI やアクセラレーテッド コンピューティングの進歩により、次世代の自動車やトラックでは購入後に、新しい機能や能力、強化された安全機能を追加できるようになる。将来の車両は、一元化されたソフトウェア定義のコンピューティング アーキテクチャにより、常に最新の AI コックピット機能を搭載することができるようになる。現代自動車グループと NVIDIA との協業は 2015 年に始まり、ジェネシス GV80、G80 には NVIDIA DRIVE による最先端の IVI システムが搭載されている。

とはいえエンジンとバッテリー問題で、米国におけるエンジン・バッテリーセル不良で火災が発生し、リコール及び品質低迷状態と化している。今後日系企業が世界を先導する構図は変わらないとみる。特にトヨタの動きが今後を左右する。、固体電池を含め、燃料電池技術と、用途に応じた対応を実施してゆくと思われる。問題は世界市場においてどう対応するかによる。世界企業との連携は不可欠で、トヨタが世界企業と連栄した動きを実施すれば、現代自は品質低下に飲まれることになる。

関連記事

[ 2021年01月21日 09:20 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp