韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  今年の7月23日、本当に東京五輪は開幕できるのか

今年の7月23日、本当に東京五輪は開幕できるのか

2021年1月22日、新京報は「今年7月23日、東京五輪は無事開幕できるのか」とする記事を掲載した。記事は、英紙タイムズが21日、新型コロナウイルスの影響により日本政府が非公式に今年の東京五輪・パラリンピック開催を諦め、2032年大会の誘致にシフトすることを決定したと報じたことを紹介。東京五輪・パラ大会組織委員会が22日午後にこの報道を否定し、予定通り開催するという日本政府および菅義偉首相の意思に変化がないことを強調するとともに、坂井学官房副長官も同日の記者会見で報道を完全否定したと伝えた。

一方で、日本では昨年末から新型コロナ感染者が再び急増し、今年に入って11都府県に緊急事態宣言が発出されたことから、国内で五輪の中止、延期を望む声が日増しに高まっており、感染症の専門家からも感染リスクの高さに対する懸念が示されているとした。そして、日本政府、東京都、組織委員会が22日、国内外世論の圧力のもと、国際オリンピック委員会(IOC)の要求に基づき、観客数について「上限なし」「50%に制限」「無観客」という3つのプランを提示したことを紹介するとともに、仮に無観客開催が採用された場合にはチケット収入の損失が900億円に達するとの試算も示されたと伝えている。

記事はまた、日本では東京五輪開催に向けて「コロナ下におけるスポーツイベント開催」について多くの試みが行われ、経験が蓄積されているとも紹介。昨年の緊急事態宣言が解除されて以降、野球、サッカー、相撲などのイベントが観客数を制限した上で開催されてきたほか、昨年11月には東京五輪・パラリンピックの「テスト大会」として体操の国際大会が東京で開かれ、ホテルを大会関係者専用にする、毎日PCR検査を実施するなどの取り組みを通じて、感染者を出さずに閉幕を迎えたとした。

スポンサードリンク
その一方で、200余りの国・地域から1万5000人が参加する、「テスト大会」とは規模が全く異なる五輪について、日本政府が本当に安全を確保し、無事に開催にこぎつけることができるかは「なおも疑問である」と評した。
https://www.recordchina.co.jp/b869215-s0-c10-d0135.html

2021-01-24-k002.jpg

今夏開催予定の東京オリンピック・パラリンピックについて、国際オリンピック委員会(IOC)最古参のディック・パウンド委員は、開催できるかは不透明だとの見解を示している。東京は新型コロナウイルスの感染流行が拡大しており、政府が7日に発令した緊急事態宣言の対象地域となっている。しかし、東京オリンピック・パラリンピックの主催者側は、7月23日~8月8日の開催に向けて準備を整えるとしている。

そうした中、IOCのパウンド氏は、「最大の問題は新型ウイルスの急増なので、開催について確定的なことは言えない」と述べている。また、新型ウイルスのワクチン接種について、選手が優先されるべきだとし、日本への入国前の接種を義務付ける可能性があるとした。普通に考えれば、無理と考えるのが妥当だ。無理に開催したところで、東京オリンピックが、新型コロナウイルス再拡大の引き金になる可能性もある。ワクチン投与との兼ね合いも重要だが、無理に開催したところで日本経済のプラスになるかは不透明と見るが…。

関連記事

[ 2021年01月25日 08:29 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp