韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン、バイデン政権に雇用プレゼント? 「米国に半導体170億ドル投資検討」

サムスン、バイデン政権に雇用プレゼント? 「米国に半導体170億ドル投資検討」

サムスン電子が米国で半導体工場の新設・増設を検討するとウォール・ストリート・ジャーナルなどが最近報道した。同紙は22日、「サムスン電子が170億ドルをかけてテキサス州、アリゾナ州、ニューヨーク州に半導体生産ライン建設を検討している」と伝えた。ブルームバーグはこの日「サムスン電子が100億ドル以上を投じてテキサス州オースティン工場にファウンドリー(委託生産)ラインを増設する計画」と報道した。

サムスン電子は「投資規模や時期は決定されていない」として慎重な反応だ。だが同社内外では「いま投資しなければ競合企業に永遠に押されかねない。可能性は大きい」という分析が出ている。第5世代移動通信(5G)と人工知能(AI)、自動運転、クラウドなどの普及が拡大し、世界の半導体市場はスーパーサイクルと呼ばれる超好況を予告した状態だ。インテルがファウンドリーのパートナーとしてサムスン電子と手を組む可能性も大きくなった。

テキサス州の州都であるオースティンはITの象徴であるシリコンバレーに対し「シリコンヒルズ」と呼ばれるほど成長した。アップルやゼネラルモーターズ(GM)の研究所が進出し、オラクルが本社を移すと発表した。テキサス州には個人所得税と法人税がなく税金負担が少ない。 ソウル大学半導体共同研究所のイ・ジョンホ所長は「ファウンドリー大手2社のサムスン電子には北朝鮮リスクが、台湾TSMCには米国と貿易対立中の中国リスクがある。インテル、エヌビディア、クアルコムのAIチップや加速処理装置(APU)などが安定的に生産されるには米国の立場では自国内生産基地が必須」と説明した。

スポンサードリンク
最近就任したバイデン米大統領は前任のトランプ前大統領が推進した海外進出企業の本国帰還(リショアリング)政策基調を維持している。彼の大統領選挙公約は「米国内生産」(Made in All of America)だった。米国に投資する外国企業に税額控除の優遇を拡大する内容の法案も発議されている。業界では半導体工場1カ所を通じ5000~7000件の雇用創出を予想する。ユーティリティ、装備、安全など間接部門を含めて最大2万件ほどの雇用が創出されると推定する。
https://japanese.joins.com/JArticle/274769?servcode=300§code=320

2014-05-09-sam.jpg

サムスン電子は最大170億ドルを投資して、米国のテキサス州、アリゾナ州もしくはニューヨーク州に半導体工場を建設することを検討中だと、米ウォールストリートジャーナル(WSJ)が22日(現地時間)報道した。サムスン電子は、新たな半導体工場の場所としてアリゾナ州都“フェニックス”とテキサス州都“オースティン”の2か所とニューヨーク州西部のジェネシー郡にある産業団地も念頭に置いていると、WSJは事案に精通した企業の内部関係者から引用して伝えている。

今回の投資計画において重要な点は、米連邦政府がどんなインセンティブを提供するかにかかっている。今回のサムスンの投資は、米国が半導体の生産力を高め 台湾・中国・韓国などアジアの国々に対する半導体依存度を減らそうとしているとみている。またWSJが調べた、サムスン電子とアリゾナ州グッドイヤー市当局間で交わされた書簡によると、サムスンは工場を2022年10月 稼働目標として1900人を雇用するという計画だ。大型産業プロジェクトの場合 グッドイヤー市政府は、通常 税金減免・インフラ(社会基盤施設)拡充のようなインセンティブを提供するとしている。

米国は、連邦政府の次元で工場を作るからといって特恵を与えない。しかし 新型コロナウイルス感染症パンデミックの影響で、全世界の半導体の品薄状態により、一部の自動車生産も遅延しているという点で、例外的にインセンティブを期待する声もある。

関連記事

[ 2021年01月25日 08:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp