韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  バイデン氏「官用車を米国製電気自動車に転換せよ」…現代自・起亜に衝撃

バイデン氏「官用車を米国製電気自動車に転換せよ」…現代自・起亜に衝撃

米国のバイデン大統領が、政府機関で使用する自動車を電気自動車に転換する意向を明らかにした。条件は、米国で生産された電気自動車であることに加え、米国製の部品が最低でも50%は使われていなければならない。

米CNBCは25日(現地時間)、バイデン大統領が、政府調達で米国製品を優先する「バイ・アメリカン(Buy American)」の大統領令に署名したと報じた。バイデン大統領は大統領令を発表する際、政府機関の自動車やトラックなどを米国で生産された電気自動車に転換する構想も明らかにした。ただし具体的な数量や日程は公表しなかった。バイデン大統領は「米国の自動車業界で100万人の新規雇用を創出する構想が実現できるよう支援する」と述べた。

米連邦政府の車両に関する年次報告書によると、政府が所有している車両は2019年基準で44万5777台(軍用を含む)だ。米国の電気自動車シェア1位のテスラの年間生産量が50万台と推定すると、短期間に車両を全て電気自動車にシフトするのは困難な見通しだ。現在、米国で電気自動車を生産する企業はテスラ、ゼネラルモーターズ(GM)、日産自動車といったところだ。フォードは米国内での生産計画を発表した段階だ。

スポンサードリンク
GMは即座に声明を出し「米国の製造業を支援するというバイデン大統領の約束は大いに励みになる」として「大統領令の細部事項を検討できることを期待する」とコメントした。フォードは「米国、米国人、米国の商品およびサービスに対する投資は国家的任務だと信じている」とコメントした。 また、「バイ・アメリカン」の大統領令は、政府が購入する車両には米国製の部品が最低でも50%使われなければならないと要求している。バイデン大統領は「50%のハードルは高くない」として「各企業はより多くの米国製部品を使用しなければならない」と述べた。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/01/26/2021012680230.html

hyundai-1.jpg

現代自と起亜の米国現地工場は電気自動車の生産ラインがない。韓国と欧州の工場での生産分を販売している。現代自も「今すぐ電気自動車の生産ラインを新設する計画はない」としている。朝鮮日報は、、世界の電気自動車市場でシェア4位まで浮上した現代自・起亜自は頭を抱えることになると報じている。

現代自グループは、2025年に現代自/起亜/Genesisブランドで合計44モデルの電動化モデルを展開する計画を発表(2018年12月)。また、2019年12月と2020年1月に発表された現代自と起亜の中期経営計画では、スマートモビリティソリューションプロバイダーとして経営体制の転換を図っており、目標達成に向けてCASE軸の投資拡大と技術開発の強化姿勢を明確化。特に、モビリティサービスを視野に、BEV/FCEVを主軸とする電動化推進を最重要課題とし、必要な技術の確保に向け提携や投資などを活発に行う姿勢を明確にしながら厳しい競争下での生き残りを図る考えだ。

現代自グループは、2025年までの中期経営計画で、現代自が61兆ウォン、起亜が29兆ウォンを投じる計画で、現代自としては61兆ウォンのうち、20兆ウォンを新事業(CASE関連含む)に充てる。20兆ウォンのうち、電動化に9.7兆ウォンを充てる。起亜は電動化分野での投資額を明確にしていないが、R&Dや企業M&Aに対し活発な投資を行う姿勢を示している。 韓国では圧倒的なシェアを持つ現代自だが、内需だけでは成長に限界があるため輸出を通じた世界市場で成長機会を模索してきた。そこで目を付けたのが、「環境対応車」だが、バッテリークレーム多発で、先行きは不透明だ。

関連記事

[ 2021年01月27日 09:01 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp