韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、パナソニックにワクチン用『コールドチェーン設備』購入について照会

韓国、パナソニックにワクチン用『コールドチェーン設備』購入について照会

新型コロナウイルス感染症の流行が長期化する中、各国がワクチンの確保と普及に死力を尽くしている。このため、ワクチン輸送のためのコールドチェーン(ワクチンを低温で維持する流通網)市場が世界的に活況を帯びている。最近では日本の電機メーカー、パナソニックに対し、韓国をはじめ米国、欧州、中国などの当局から問い合わせが相次いでいる。

24日(現地時間)付の英紙ファイナンシャルタイムズ(FT)によると、パナソニックは現在、米国、欧州の企業から新型コロナのワクチン輸送のための超低温冷凍ボックスのテストを要請されている。日本政府はコロナワクチンの普及準備を本格化させているものの、実際にワクチンを安全に運ぶコールドチェーン設備は大幅に不足している状況だ。

パナソニックの小島真弥主幹技師はFTとのインタビューで「ワクチンが世界的に普及され始めたにもかかわらず、保冷ボックスが深刻に不足している」「我々はすでに日本だけでなく米国、シンガポール、フランス、韓国、中国を含む全世界から問い合わせを受けている」と明らかにした。

スポンサードリンク
新型コロナのワクチンは一定の低温状態を維持し、変形や損傷を防がなければならない。保管、流通温度の条件はワクチンの種類によって異なる。ファイザーはマイナス70度の超低温で保管しなければならず、モデルナはマイナス20度を維持しなければならない。アストラゼネカとヤンセンは保管温度を2-8度に保つ必要がある。 米国の市場調査企業、グランドビューリサーチは、世界のワクチン保管・包装事業の市場規模について、昨年の223億ドル(約2兆3100億円)から2027年までに433億ドル(約4兆5000億円)に成長するとの見通しを示した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/01/25/2021012580281.html?ent_rank_news

2021-01-27-k002.jpg

新型コロナウイルスワクチンの実用化が近づくなか、供給網を整備する動きが急速に広がっている。英国では7日、米国では12月中旬にもワクチンの接種が始まる見通し。徹底した低温管理が求められる輸送・管理体制への懸念は多く、円滑な供給に向けた体制構築が急がれる。米製薬大手ファイザーと独ビオンテックのワクチンを世界で初めて承認した英国は、7日にも医療機関などでの接種を始める。英政府は同ワクチンを4千万回分確保しており、80万回分が数日中に到着する見通しだ。

ベルギーにあるファイザーの工場で生産されたワクチンは、飛行機やトラックで運ばれる。特に温度管理の条件が厳しいファイザー製ワクチンは、専用の冷凍ボックスに入れて配送する。ボックスは1千~5千回分のワクチンをマイナス70度で10日間まで保管でき、全地球測位システム(GPS)で追跡できる。英国内の配送センターで2~8度の冷蔵庫に移してからは5日以内に使用する必要がある。

途上国へのワクチン輸送については、国連児童基金(ユニセフ)などの機関が世界の物流・航空会社と協議を始めた。92カ国向けに、2021年に20億回分のワクチンを輸送する方法を検討している。もっとも、米国立アレルギー感染症研究所ファウチ所長は「厳しい温度管理は英国や米国では可能だが、発展途上国ではずっと難しくなる」と指摘している。

関連記事

[ 2021年01月27日 09:12 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp