韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国産ワクチン買った国の後悔「効能その時ごとに違う」

中国産ワクチン買った国の後悔「効能その時ごとに違う」

中国が「新型コロナウイルスワクチン外交」に出て逆風を浴びているとニューヨーク・タイムズが26日に報道した。不透明な情報、安全性・効能をめぐる議論、配送遅延などでむしろ不信感だけ拡大しているということだ。

現在中国国営製薬会社のシノファームとシノバックのワクチンを購入した国は最小24カ国だ。中国は高所得国がファイザーとモデルナのワクチンを先取りすると、アジア、アフリカ、中東地域に接近しワクチン輸出を提案した。西欧の製薬会社のワクチンを確保できなかったこれらの国は焦る気持ちから中国の製薬会社と契約した。しかし問題は後処理だった。

中国産ワクチンの不信をあおったのは効能をめぐる議論だった。当初開発情報が十分に提供されていな状態でファイザーやモデルナのワクチンより効果が全般的に低いという報道が相次いでだ。 ここに臨床試験結果が国ごとにばらつきがあるという報告まで出てきて不安感を育てた。シノバックのワクチンの場合、トルコでの臨床試験で91%だった効能がインドネシアでは68%、ブラジルでは50%まで下がった。シノファームもやはりアラブ首長国連邦で86%の効能を見せたが、独自の臨床試験では平均効能79%と低くなった。

スポンサードリンク
こうした結果にワクチン購入国は混乱に陥った。フィリピンでは政府が十分な検証をせずに性急にワクチンを買い入れたという批判が出た。マレーシアとシンガポールは「ワクチンの安全性と効果が検証された場合にだけ使用を承認する」として不満世論の火消しに出た。その上にワクチンが適時に到着することもなかった。トルコとブラジルは中国でワクチンと原料供給が遅れ接種スケジュールに影響が出ている。

トルコ政府は昨年12月までにシノバックのワクチン1000万回分を受け取ることにしていたが、今月初めまでに確保した量は300万回分にとどまった。ブラジルも焦りは同じだ。原料を受け取り自国の工場でワクチンを製造することにしたが、まだ何の連絡もない。ブラジルのパズエロ保健相は、「中国がワクチン原料輸出に向けた書類処理にもたついている」として苦しさを訴えたりもした。結局ブラジルは最近インドで生産されたアストラゼネカのワクチン200万回分を買い入れた。
https://japanese.joins.com/JArticle/274911?servcode=A00§code=A00

2021-01-27-k002.jpg

ブラジルの国家衛生監督庁(ANVISA)は昨年11月9日、中国製の新型コロナウイルスワクチンの臨床試験を停止すると発表している。ANVISAは、昨年10月29日に被験者の1人に「重篤な有害事象」が起きたと発表。詳細は明かさなかったものの、この被験者が死亡したとの報道も流れた。しかし治験を行っている研究所は地元メディアに対し、被験者の死は治験そのものとは関係がないと話している。

かねてこの臨床試験を批判してきたジャイル・ボルソナロ大統領は、ANVISAの決定は「自分の勝利」だと述べた。ボルソナロ大統領は、このワクチンの中国との関連を非難し、完成してもブラジルでは購入しないとしている。ブラジルは新型ウイルスの被害が特に広がっている国のひとつ。米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、昨年11月時点で、ブラジルの感染報告は約570万件と、アメリカとインドに続いて世界で3番目に多く、死者も16万3000人近くに上っていた。

一方、インドネシア食品医薬品監督庁は先月、「ワクチンの評価期間を3月まで延長した」と報じられた。だが、今月3日に同ワクチンの地方配送が始まり、5日には保健省が13日の接種開始を発表。監督庁は押されるように11日、最終治験で65.3%の有効性を確認したとして、緊急使用許可を出しrている。

関連記事

[ 2021年01月28日 09:25 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp