韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  深夜0時45分に開催された米日首脳電話会談の秘密

深夜0時45分に開催された米日首脳電話会談の秘密

米国のバイデン大統領と日本の菅義偉首相が28日(日本時間)0時45分から30分間電話で首脳会談を行った。会談直後、菅首相は官邸で待機していた記者団の取材に「日米同盟を一層強化することで合意した。自由で開かれたインド・太平洋の実現に向け緊密に協力することでも一致した」と説明した。

これと同時に両国は北朝鮮による日本人拉致問題の解決や北朝鮮の非核化に向けても協力することにしたという。会談後、今年79歳となるバイデン大統領と73歳の菅首相は互いを「ヨシ」「ジョー」と呼ぶことにした。日本、米国、オーストラリア、インドの4カ国による安保協力体(クアッド)の活動も強化するという。今月20日に就任したバイデン大統領がアジアの国の首脳と電話会談を行うのはこれがはじめてだった。

今回の電話会談は異例にも深夜に行われた。2017年にトランプ大統領が就任した直後、最初に行われた電話会談は日本時間の夜11時で、オバマ元大統領とは午前8時、ブッシュ元大統領とは午前9時に首脳会談が行われた。日本経済新聞は「米国大統領就任後、最初の会談が日本時間で深夜に行われるのは異例」とした上で「(菅首相は)アジアで最初の電話協議という位置を確保し、強固な日米同盟関係をそんな点からも世界に発信したかったのだろう」と分析した。

スポンサードリンク
「深夜の電話会談は両首脳の利害関係が一致した結果」という見方も出ている。コロナ対策の失敗で支持率が30%台に低下している菅首相としては、バイデン大統領と「アジアの指導者として最初に電話会談を行った」ことを国民に宣伝する必要があった。そのためバイデン大統領が最もやりやすい時間に合わせて会談を行うことを了解したのだろうというのだ。

バイデン大統領も自らの就任に合わせて中国の習近平・国家主席を牽制(けんせい)し警告のメッセージを送るため、早期に「米日同盟は健在」と誇示する必要があった。習主席は世界経済フォーラム主催のダボスフォーラムに送ったメッセージの中で、事実上バイデン大統領を念頭に「新冷戦を助長するな」と警告した。26日夕刻に習主席が文在寅(ムン・ジェイン)大統領と電話による首脳会談を行ったことを意識したとの見方もある。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/01/29/2021012980005.html

2021-01-29-k001.jpg

1月28日午前0時45分から約30分間、菅義偉内閣総理大臣は、ジョセフ・バイデン米国大統領と電話会談を行ったと外務省が伝えている。 それによると、冒頭、菅総理から、バイデン大統領の就任及び政権発足に祝意を述べ、これに対して、バイデン大統領から謝意が述べた。両首脳は、日米同盟を一層強化すべく、日米で緊密に連携していくことで一致した。また、バイデン大統領から、日米安保条約第5条の尖閣諸島への適用を含む日本の防衛に対する揺るぎないコミットメントが表明され、米国の日本に対する拡大抑止の提供に対する決意も再確認されたとの事。

両首脳は、米国のインド太平洋地域におけるプレゼンスの強化が重要であること及び「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて緊密に連携するとともに、地域の諸課題にも共に取り組んでいくことで一致した。 バイデン大統領から、日米豪印の日本の貢献に対する高い評価が示され、今後とも推進していくことで一致した。両首脳は、安保理決議に従い、北朝鮮の非核化が実現するよう、日米で緊密に連携していくことで一致し、また、菅総理から拉致問題の早期の解決に向けて理解と協力を求め、バイデン大統領から支持を得た。

菅総理から、米国のパリ協定への復帰決定、WHOからの脱退通知の撤回とコバックスへの参加表明を歓迎し、その上で、両首脳は、気候変動問題やコロナ対策、イノベーションといった国際社会共通の課題について、日米で緊密に連携していくことで一致し、またバイデン大統領から、気候変動サミットへの招待がなされ、両首脳は、菅総理の訪米については、今後、コロナの感染状況も見つつ、早期の実現を念頭に、しかるべきタイミングで調整していくことで一致したという。

関連記事

[ 2021年01月29日 08:46 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp