韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  SKハイニックス、昨年10-12月期営業利益283%増…配当金8000億ウォン還元

SKハイニックス、昨年10-12月期営業利益283%増…配当金8000億ウォン還元

韓国半導体大手のSKハイニックスが29日、公示を通じて昨年年間売上31兆9004億ウォン(約2兆9878億円)、営業利益5兆126億ウォンを達成したと明らかにした。前年に比べて売上は18%、営業利益は84%増えた。新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の余波とメモリー半導体価格の下落にもこのような好業績をあげた。

この日の実績発表後に行われたカンファレンスコールで、ノ・ジョンウォン経営支援担当副社長は「昨年グローバルパンデミック(感染病大流行)と米中貿易葛藤の激化でメモリー市場は振るわない流れを見せた」としながら「SKハイニックスは10ナノメートル(1ナノメートルは10億分の1メートル)級3世代(1z)DRAMと128層NAND型フラッシュメモリーなど主力製品を安定的に量産した」と好業績の背景を説明した。

昨年10-12月期の売上は7兆9662億ウォン、営業利益は9659億ウォンだった。営業利益率は12%だった。昨年同期より売上は15%、営業利益は298.3%も増加した。SKハイニックスは今年も引き続き好調が続くと予想した。DRAM市場で供給が需要に追いつくことができず、NAND型フラッシュメモリー市場も需要強勢が続き、在庫が上半期に解消して下半期には市況が回復すると見通した。

スポンサードリンク
これに伴い、戦略製品の売上比重を拡大して技術リーダーシップを強化する計画だ。DRAMは高性能コンピューティング(HPC)・人工知能(AI)市場の成長により超高速DRAM「HBM2E」など高附加製品の出荷比重を増やす。NAND型フラッシュメモリーは128層サーバー用SSD顧客認証を推進するなど製品多角化を進める予定だ。 また、従来の製品と比較して生産性を改善した10ナノメートル級4世代(1a)DRAMと176層NAND型フラッシュメモリーを年内に生産して原価競争力も高めるという方針だ。証券界では今年SKハイニックスが営業利益6兆8000億~10兆6000億ウォンを記録すると展望している。
https://japanese.joins.com/JArticle/274996?servcode=300§code=320

2014-03-22-sk.jpg

2020年10月20日にNANDフラッシュメモリの大手ベンダーであるIntelとSK Hynixは、IntelのNANDメモリ事業とNANDメモリ搭載SSD事業をSK Hynixが買収することで合意したと発表した。買収金額は90億ドル。SK Hynixは20億ドルをIntelに支払う。代わりにIntelが所有するNANDメモリの製造と設計に関するIP、Intelが雇用するNANDメモリの研究開発人員と大連工場の従業員をSK Hynixは獲得する。第2段階の完了は2025年3月を予定。買収手続きが2段階に分かれていること(SSD事業を始めに買収すること)と、2025年までと時間をかけていることは、NANDフラッシュのメモリセル技術がIntelとSK Hynixで異なっていることが理由にある。

IntelとSK HynixのNANDフラッシュメモリ事業は、事業の規模(売上高)がかなり近い。2019年(暦年)の売上高は、Intelが約44億ドル、SK Hynixが約44.5億ドルである。単純合計だと、SK HynixのNANDフラッシュメモリ事業による売上高は今回の買収によって約2倍の88.5億ドルに増加する。2019年の市場シェアトップはSamsungで33.54%を占める、次いでキオクシアが18.90%で2位につける。以下はWDが14.31%、Micronが13.45%、SK Hynixが9.74%、Intelが9.48%と続く。今回の買収合意は、シェア5位とシェア6位の事業統合であることがわかる。SK HynixとIntelの単純合計によるシェアは19.22%で、キオクシアをわずかに超え、Samsungに次ぐ2位に上昇する。

関連記事

[ 2021年01月30日 08:39 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp