韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  IMF「韓国経済回復中…空売り再開可能」

IMF「韓国経済回復中…空売り再開可能」

米国での「空売り戦争」は、空売り再開をめぐり賛否両論が起こった韓国にとっても示唆するところが少なくない。国際通貨基金(IMF)は、個人投資家を保護するために空売りを禁止するのは適切でないと指摘した。

アンドレアス・バウアーIMF韓国ミッション団長(アジア太平洋局副局長)は28日、韓国政府とIMF間の年次協議結果を説明する記者会見で「空売りの全面禁止により(個人投資家保護のための)均等な市場を確保しようとすることは非常に鋭利でない道具で対応するようなものだ」と語った。バウアー団長は続けて「空売りは、主要な金融市場での市場参加者の価格発掘に関連する様々な活動を支援してくれ、リスク管理をより効率的にできる方法だ」と強調した。韓国は現在、市場が安定し、経済も回復しているため、空売り再開が可能という結論だ。

バウアー団長のこのような発言は、韓国が主要国の中で唯一空売り禁止を維持している点を勘案したものと解釈される。韓国同様、空売りを一時的に禁止していた欧州諸国や台湾などはいずれも、昨年禁止措置を解除した。米国や英国、日本、ドイツなどは空売り禁止を実施しなかった。

スポンサードリンク
韓国政府内でも「グローバル・スタンダード」の空売り再開は避けられないという方向に気流が変わる雰囲気だ。丁世均(チョン・セギュン)首相はこの日、放送記者クラブ討論会で「経済協力開発機構(OECD)加盟国のすべての国が空売り制度があるだけに、韓国だけ継続して空売り禁止を延長することはできない」と述べた。丁首相は「ただし、間違った部分など問題点を改善した後で実施することが、副作用を解消し、国際基準にも合わせられると考える」とし「金融委員会でそのような努力をしている」と説明した。

専門家は、米国の事例は空売りに対する韓国の個人の過度な恐怖感を払拭するきっかけになることができると評価した。ファン・セウン資本市場研究院研究委員は、「個人が資金力を持って組織的に動けばいくらでも空売り勢力に大きな損失を与えることができるという点を示してくれた」とし「このような姿が空売りが再開された後、韓国でも出てこないとは言い切れない」と述べた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/5a416a3b181a93e6ca5be8507c9fbe51c2df7c61

2020-12-03-k001.jpg

市場が「合理的」に動いている場合、投資家は株式を空売りする選択肢を持つ。例えば、あるグループに集まった数百万人以上のメンバーがここ数週間である企業株を買い支えた場合、株価は1月中旬から1000%以上も急騰するという事が発生する。この場合の結果、空売りファンドは何億ドルもの金を失うという事態に発展する。株式を「空売り」するとは、投資家がその会社の株価が下がると予想することを意味する。通常の投資では、投資家は株価が上昇することを期待して株を買う。

株式を「空売り=ショート」する場合、まず投資家は貸し手から株を借りる。例えば1株10ドルだと仮定すると、投資家は株をその価格で売る。その後、株が1株当たり1ドルに下がったら、投資家は株を1ドルで買い戻して貸し手に返却し、1株当たり9ドルを懐に入れることになる。 A社を100ドルで売り、翌日に10ドルになったとしよう。ポケットから10ドルを取り出して、株を買い戻し、借りた人に返す。するとポケットには90ドルが残るというわけだ。

株価が上昇すると空売り筋が「搾り取られる」こともある。つまり株価が上がると、空売り筋はより高い価格で株を買い戻さなければならない。つまり、株が10ドルだったときに株を借りて、株が20ドルになると、その投資家は1株あたり10ドルを失うことになる。

関連記事

[ 2021年01月31日 08:09 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp