韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  株で稼ぎ40代でリタイア…20~30代に「ファイヤー族」急増=韓国

株で稼ぎ40代でリタイア…20~30代に「ファイヤー族」急増=韓国

「月給を除き住宅価格も株式もみんな上がりました。労働価値が落ちるようなもので、会社の仕事より株式投資に集中することになりました」。20代の会社員キム・ミンさん(29)の話だ。彼は昨年マイナス通帳を作り貯めた資金まで合わせ8000万ウォンを株式に投資し、1年ほどで30%の2400万ウォンの収益を手にした。彼は「投資で稼いでいるので以前ほど業務に没頭するのは難しい。最近は株式だけでなく米国国債をはじめ、金や穀物など原材料市場に関心を持って勉強している」と話した。

月給より株式や不動産のような資産所得に目を向ける20~30代が増加している。資産価格は急騰するのに預金や積立金などで月給だけ貯めていては資産を形成できないという認識が広がっているためだ。根拠のない考えではない。国民銀行によると昨年11月基準で所得に対する住宅価格の比率(PIR)はソウルで15.6年となった、ソウルに住む中位所得(所得順で中間世帯の所得)の世帯が15年以上月給を1ウォンも使わずに貯めれば住宅を買えるという意味だ。

これに対し勤労所得の伸びは鈍い。さらに新型コロナウイルスの余波で減ったりもしている。統計庁によると、昨年7-9月期基準で全国の2人以上世帯の月平均勤労所得は347万7000ウォンで、1年前の351万5000ウォンより1.1%減少した。世代別所得増加率を見ると20~30代の悩みを理解できる。西江(ソガン)大学社会学科のイ・チョルスン教授が著した『不平等の世代』によると、1960年代後半生まれの世代の所得は90年代初めに比べ2000年代後半まで53%上昇した。70年代後半に生まれた人たちの所得は2000年代初めに比べ2010年代後半まで26%増えた。だが80年代後半生まれの場合、2010年代初めから後半に達する間に所得は7.6%増えるのにとどまった。

スポンサードリンク
勤労所得の上昇はわずかで、住宅価格は天井知らずの勢いで高騰し、若い層が目を向けるのが株式市場だ。実際に昨年キウム証券で20~30代が新たに開設した証券口座は117万件で、前年の25万件より5倍近く増加した。役員への出世断念を超え早期リタイアを夢見る「ファイヤー(Financial Independence Retire Early)族」も生まれている。経済的自立を通じて遅くとも40代初めにリタイアするのが目標の人を称する新造語だ。2008年の金融危機当時、米国の若い高学歴・高所得層を中心に広がった。彼らが支出を引き締める「貯蓄」でリタイア資金を用意しようとしたならば、韓国のファイヤー族は株式投資でリタイア資金を作る側に方向を定めた。
https://japanese.joins.com/JArticle/275025?servcode=300§code=310

2015-04-18-wa-1.jpg

経済的な自立によって早期の引退を目指す「FIRE=Financial Independence, Retire Early」だが、韓国でも徐々に認識が広がっている。30代のサラリーマンのうち3人に1人は早期退職を目標に働く、いわゆる「ファイヤー族」だということが分かった。これは、就職情報サイト「インクルート」が「ファイヤー族(Financial Independence、Retire Early)」をテーマに、サラリーマンを対象としたアンケート調査を実施した結果だ。 

早期退職後の目標としていることについては、「不動産、株式など投資」(20.6%)、「人生2毛作、老後の準備」(20.0%)などが挙げられた。最も多くの支持を得た項目は「事業・起業」(33.1%)だった。ファイヤー族3人に1人が早期退職後、個人事業や起業に対する期待を持っているというわけだ。一方、「特別な計画はない」と答えた人も23.8%おり、ファイヤー族4人に1人は退職後の計画が具体的ではなかった。なお、ファイヤー族は極端な貯蓄および消費抑制が特徴だ。安定した老後のために、一種の安全装置のようにお金をためておくというわけだ。回答者の月給は平均267万ウォン(約24万円)だった。そのうち41.4%を貯蓄しており、貯蓄額が月平均110万5000ウォン(約9万9400円)と集計された。

一方で、韓国の個人投資家が最も多く購入したのが「テスラ」で、テスラの株の0.55%を韓国人が保有し、「韓国人が最も多く保有している銘柄がテスラ」としている。韓国にはサムスン電子以外に長期投資で高い利回りが期待できそうな優良銘柄がないという認識から、GAFAを中心とした米国株を購入している。韓国株式市場に上場している韓国企業の株式時価総額の合計は約1.4兆ドルで、Appleの株式時価総額1.7兆ドルを下回っており、韓国国内市場の市場規模の小ささが企業の成長を阻害しているとの指摘もある。

関連記事

[ 2021年02月01日 09:14 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp