韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国のゲームが海外市場で成功しているワケは?

中国のゲームが海外市場で成功しているワケは?

中国と海外市場では、ゲームをめぐる習慣や美的センスが異なることに関して、「MLBB」の袁菁(ユエン・ジン)は、「『王者栄耀』と『AOV』では、リズム、美的スタイル、表現など数多くの調整や変更が実施されている。その過程で、さまざま国や地域に足を運んで、調査、研究を行い、海外のユーザーの習慣や好みを理解した」と説明する。

Sensor Towerの統計によると、中国のゲーム「原神」も世界の人気スマホゲームランキングの上位に入っている。「原神」は世界の150カ国・地域以上で同時リリースされ、中国語、英語、日本語、韓国語、フランス語、ドイツ語、ロシア語など13カ国語版がある。また、「App Store Best of 2020 ベストiPhoneゲーム」ユーザー投票部門優秀賞や「Google Play ベスト オブ 2020」ユーザー投票部門優秀賞、東京ゲームショウ特別企画「メディアアワード2020」ユーザー投票部門1位など、数々の賞を受賞している。

「原神」の海外市場における成功の道を振り返り、米哈游の劉偉総裁は、「文化的内容に富んだシーン、ストーリー、音楽などが、このゲームに文化的深みを与え、美的価値も高めた。ゲームデザインの過程で、当社はその文化的属性を意識的に増強した。例えば、中国国内の5A級(最高ランク)景勝地・張家界や桂林、黄竜などにインスピレーションを得て、江蘇省蘇州市にある歴史的な庭園、中国の伝統的な建築流派・徽派建築などの特徴と組み合わせ、ゲームのシーンをデザインした。さらに、ストーリーには、春節(旧正月)や元宵節(旧暦1月15日)などの中国伝統文化の要素を盛り込んだ」と説明する。

スポンサードリンク
袁氏は、「ゲームは一種の美術作品であり、深く、そして長期に渡り、文化を発信する能力を備えている。これまでは、西洋のゲームが中国に進出し、中国の多くのプレイヤーが西洋の神話やファンタジーといった文化に興味を持ち、それを理解するようになった。一方、今後は、中国のゲームが同じように文化発信という使命を担い、さらに多くの海外のプレイヤーが中国の優秀な文化を深く理解するようになるだろう」との見方を示す。
https://www.recordchina.co.jp/b871062-s10-c20-d0046.html

2021-02-03-k002.jpg

米アプリ分析会社「App Annie」が、2020年第3四半期の日本市場における海外ゲーム売上高トップ10を発表している。ランキング1位は中国「ネットイース・ゲームズ(NetEase Games=網易遊戯)」のTPSバトルロイヤルゲーム「荒野行動(KNIVESOUT)」。以下、2位に米ナイアンティックの「Pokémon GO」が入ったほかは、3~10位まで中国メーカーのゲームがランキングを独占した。ジャンルは放置系RPG、戦略シミュレーションゲーム、アクションRPG、育成シミュレーションゲームなど。

また中国の今年上半期(1~6月)のゲーム市場売上高が約1400億元(約2兆1600億円)に達し、前年同期比で22.3%成長した。新型コロナウイルスの影響で、中国では自宅にいながら消費活動をする「在宅経済(おうち経済)」が活発になっており、多くの市民が「巣ごもりゲーム」をしていた実態が浮かび上がった。Wind統計データによると、中国国内A株(人民元建て)市場に上場するネットゲーム会社は37社あり、そのうち30社が上半期の親会社株主に帰属する純利益がプラスだった。16社の上半期純利益は1億元(約15億4500万円)を超え、13社の売上高は10億元(約155億5700万円)を超えている。

「2020年1~6月中国ゲーム産業報告」によると、ゲーム企業は積極的に海外市場を拡大しており、中国国産ゲームの海外市場の売上高は、2019年7~12月の60.24億ドル(約6331億円)から2020年1~6月は75.89億ドル(約7976億円)に増加。前年同期比では36.3%増で、国内市場より伸び率が高かった。海外に進出したゲームではロールプレイング、シューティング、戦略ゲームが人気だ。

米IT大手グーグル(Google)とモバイルアプリ広告プラットフォーム「アップスフライヤー(AppsFlyer)」、モバイル広告分析サービス「アップアニー(AppAnnie)」が発表した「2020中国モバイルゲームの海外進出リポート」は、中国のゲーム業界は安定した海外進出を続け、ゲームの質も向上していると指摘。基本的な投資を増やし、ゲームの差別化を図って世界の主要市場に割って入れば、さらなる成長が期待できるという。

関連記事

[ 2021年02月03日 09:02 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp