韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、昨年の経常黒字750億ドル超…原油安などで輸入減少

韓国、昨年の経常黒字750億ドル超…原油安などで輸入減少

新型コロナの余波にもかかわらず、韓国の昨年の経常黒字が前年比26%増加した。半導体などを中心に輸出が速やかに回復したうえ、原油安などで輸入が大幅に減少したからだ。韓国銀行(韓銀)が5日に発表した「2020年12月国際収支(暫定)」によると、昨年の年間経常黒字は752億8000万ドル(約8兆円)だった。2019年(596億8000万ドル)に比べ156億ドル(26.1%)増えた。昨年11月の韓銀の予想額650億ドルも大きく上回った。

分野別に見ると、商品の輸出入の差を表す商品収支の黒字が819億5000万ドルと、前年比21億4000万ドル増えた。新型コロナの余波で年間輸出(5166億ドル)は前年比7.2%減少したが、原油など原材料の輸入価格下落で輸入(4346億6000万ドル)の減少率が8.8%とさらに大きかった。

輸入が輸出より大幅に減少して生じた「不況型黒字」とみることもできる。これに関し韓銀関係者は「不況型黒字は内需と国内景気が冷え込んで輸入が減少する時に表れる現象」とし「昨年の輸入減少は国際原油価格の下落など原材料価格の下落が大きく作用し、消費財や資本財などの輸入は続いたため、不況型黒字とみるのは無理がある」と話した。

スポンサードリンク
万年赤字のサービス収支の場合、昨年も161億9000万ドルの赤字となった。ただ、赤字幅は前年比で106億6000万ドル減少した。コロナ事態で海外旅行が減少し、旅行収支の赤字幅が2019年の118億7000万ドルから昨年は56億3000万ドルに減少した影響だ。

賃金・配当・利子の流れと関係がある本源所得収支の黒字(120億5000万ドル)は前年比8億10000万ドル減少した。海外現地法人からの配当収入が減少した結果だ。資本の流出入を表す金融純資産(資産-負債)は昨年771億2000万ドルに増えた。海外株式投資ブームが起き、株式投資規模だけで563億3000万ドル増加した影響が大きい。増加規模では過去最高だ。一方、外国人投資家の韓国株式投資規模は158億ドル減少した。
https://japanese.joins.com/JArticle/275255?servcode=300§code=300

2013-12-16-tpp.jpg

韓国経済は、対外依存度(貿易依存度)が高く、また経済に占める財閥企業の存在感が突出しているのが特徴だ。同国経済の構造的な課題や問題点は早くから指摘されており、現在も燻っている。それらを整理すると下記となる。

●経済革新と高齢化への対応が急務であること。 
●投資率が低く「悪い」貿易黒字(経常黒字)を生んでいること。
●中国経済の影響が過大に強まっていること。
●労働市場が硬直し非正規労働者が増加していること。
●自動車産業の再構築が必要であること。
●期待される「創造的経済」の実現が厳しいこと。
●少子高齢化が急速に進展して経済活力が低下すると共に、経済を支える財源が問題となっていること。
等である。

世界経済の減速懸念が強まる中、韓国経済の先行きは不透明感が漂う。米国の保護主義的な通商政策に基づく米中貿易摩擦を通じて世界貿易の下押しリスクが強まる状況下、EUにおいても減速感が強まり、先進国全体の景気に陰りが出ている。アジアにおいても2018年は中国の習政権の債務抑制政策による国内内需鈍化が見られ、また米中貿易摩擦の一段の激化を受けて外需にも下押し圧力が掛かる。中国と日本を中心とするサプライチェーンに組み込まれているアジアの新興国、とりわけ最大の輸出相手国としての中国の経済との連動性を強めてきた韓国経済への懸念は大きい。

韓国がこのような状況をどう乗り切るのかは現時点では見い出せない。最低賃金引き上げによる所得再分配策が頓挫したことを受け、文在寅政権は頼みの綱である財閥企業の成長力を高め経済の底上げを図ろうとしているが、同国経済の成長の牽引役である半導体の輸出だけに頼る構図では無理がある。

関連記事

[ 2021年02月06日 09:04 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
ねこばば
イランに返せよ!
[ 2021/02/06 09:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp