韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  米アップルの新機能に韓国メディアが不満?「サムスンは8年前から提供」

米アップルの新機能に韓国メディアが不満?「サムスンは8年前から提供」

2021年2月4日、韓国・ファイナンシャルニュースは「米アップルの『マスクでもロックを外せる』新機能はサムスンがすでに8年前から提供していたものだ」と指摘した。 記事によると、アップルは米国時間の1日、マスクをつけたままFace IDでiPhoneのロックを解除できる「iOS14.5」開発者向けベータ版のソフトウェアを公開した。新しいソフトウエアをインストールすれば、アップルウオッチを付けた状態(※アップルウオッチが起動中でロック解除の状態)でマスクをしていてもロックを解除できる。

しかし記事は「韓国のサムスンは2013年に初めてスマートウオッチを発売した当初からすでに、スマートウオッチを付けた人がスマートフォンに近づくとロックを解除するオートロック機能を提供していた」と指摘。2015年にはグーグルと共にOSレベルでの提供が開始された。アンドロイドロリポップ以降のOSで、スマートロックを一度解除すれば、信頼できる機器(ウオッチなど設定されたブルートゥース端末)が周辺にある時にスマートフォンのロックが解除されるサービスを提供しており、これは握る・持つなど体の動きや信頼できる場所などでも使えるという。そのため「アップルが今回発表したサービスより便利に利用できる」と記事は主張している。

業界関係者は「iPhone13が出るまでは『マスクのため顔認識が使えない』と言われ続けることを見越して、ソフトウエアをアップデートしようというもの」とし、「アンドロイドではすでに広く施行中のサービスがiOSではまだ開発者テスト中であり、いつ一般公開されるか分からない状況」と話しているという。
https://www.recordchina.co.jp/b871685-s25-c30-d0194.html

スポンサードリンク
Appleはビルド番号違いのiOS14.5ベータ1を再度開発者向けにリリースしたのと同じ日に、iOS14.5の初のパブリックベータを登録ユーザー向けにリリースした。iOS14.5は複数の重要な新機能が追加される、メジャーアップデートとなる。

2011-12-12-apple.jpg

これまでに確認されているだけでも、iOS14.5へのアップデートによって、マスクを着用したままでもApple Watchを装着していれば、iPhoneのFace IDがパスできるようになること、またデュアルSIMモードでも5Gネットワークが利用可能になること、そしてXboxとソニーPS5のコントローラーに対応するとしている。

iOS14.5では、マスクを着用したままFace IDでiPhoneのロック解除可能になる、Apple Watchとの組み合わせで実現できる新オプションが追加されているが、あくまで新機能と言うよりは使いやすさ向上としている。

関連記事

[ 2021年02月07日 08:08 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp