韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  日本は「最も近い隣国」?それともただの「隣国」?=韓国政府内で「調整できていない」と批判の声も

日本は「最も近い隣国」?それともただの「隣国」?=韓国政府内で「調整できていない」と批判の声も

2021年2月5日、韓国・ニュース1は、日本について韓国外交部が「最も近い隣国」、国防部が「隣国」と異なる表現を用いており、「部処間で調整もできていない」との批判の声が出ていると伝えた。

記事によると、国防部は2日に発刊した「2020国防白書」の中で、「日本は両国関係だけでなく北東アジアおよび世界の平和と繁栄のためにも共に協力していくべき隣国」と述べている。過去の白書で使っていた「同伴者」という表現を削除し「隣国」としたことで、「悪化した両国関係を反映した」とされている。

一方、外交部が5日に発刊した「2020外交白書」では、日本について「日本は両国関係だけでなく北東アジアおよび世界の平和と繁栄のためにも共に協力していくべき最も近い隣国」としている。外交部は19年の白書では「共に協力していくべき隣国」と記しており、「今回、隣国から格上げされたという意味がある」と指摘されている。この「表現の格上げ」は、日米韓の協力を重視する米バイデン政権の発足に合わせ、日韓関係の改善に期待を寄せたものだと、記事は分析している。 両者の表現の違いについては、「対日関係における役割の違いが原因」だとの分析もあるという。

スポンサードリンク
この記事に、韓国のネットユーザーからは「国防部と外交部は違う部処なんだから、対応も違って当然だ」「軍事的な視点と外交的な視点。同じであるべき理由はない」「戦う部処と交際する部処なんだから、同じ表現になるわけがない」「なぜ『最も近い』という表現を追加したのかを調べて、そこを記事に書くべきだ」など、記事への批判が多数寄せられている。また、「日本を『敵』とも言えないメディアはどうなんだ?」「日本も主敵だ」「悪い隣国だ、と書けばいい」など厳しいコメントも見られた。
https://www.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=871767

2021-01-30-k001.jpg

昨年2019年の夏は、前年10月に出された、韓国大法院の元徴用工問題の判決を巡って日韓両国は激しい対立の下にあり、この対立は19年7月に日本政府が一部半導体部品に対し安全保障名目での「輸出管理措置」を発動した事により、さらに激化することになった。そして19年8月2日、日本政府が韓国の「ホワイト国」除外を閣議決定した事で対立は頂点に達し、韓国国内では大規模な日本製品や日本旅行のボイコットが発生した。このような状況下、韓国政府が8月23日にはGSOMIAの破棄を通告し、日韓関係の悪化は歴史認識問題から経済問題、さらには安全保障問題へと波及することになった。

日本は首相が菅氏に代わり、韓国においては無関心に近い。コロナウイルス感染拡大で、自国対応に追われる日々であり、韓国にかまっている暇ではないというのが正直なところだろうか。とはいえ韓国と言う負債大国は、国家破綻が目先に迫っているわけで、日本にすり寄るしか道が無いのも事実。だが敗戦から復権した日本にとっては、反日政策の韓国の利用価値はすでになく、むしろ中国との連携を模索している。米中対立の中で、日本政府の立場は難しいが、アジアのリーダー国としても立ち位置は変わらない。

今後の韓国は衰退する一方だが、日本とて高齢化社会の加速で、税収不足が加速する。海外から如何に若い人材を取り入れ、新しい日本つくりを形成するかは死活問題となる。

関連記事

[ 2021年02月09日 09:02 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
関わるな
最も近いのは陸続きの国!日本は「日本海を隔てた単なる隣国」
[ 2021/02/09 10:37 ] [ 編集 ]
少子化が深刻な日本にとって、海外からの人材は、なんだかんだで必要。
問題ある技能実習生でさえ無くせないのが現状。
ただ、韓国人が人材かというとどうでしょう。
学歴はある。しかし教育は学歴取得のための詰め込みで応用力がない。教育内容は歴史に関しては韓国人が海外留学して真実を知り絶望感を味わうほど。逆に理数系は机上の理論に留まり実験を欠く。
総じてレベルについては語学を始めゲタを履くところが多く、彼らのカタログスペックを信じてはならない。なぜなら経歴と資格は自己宣伝の手段と最初から割り切り。
基礎に問題のある人達が人材とはとても。
[ 2021/02/09 21:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp