韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスンを憂う日本メディア「李在鎔いないサムスン、中国の影が忍び寄る」

サムスンを憂う日本メディア「李在鎔いないサムスン、中国の影が忍び寄る」

「アジアを代表する巨大企業サムスン、しかし今は中国の影が忍び寄る」 日本の日本経済新聞は8日から「サムスンの暗闘」という深層分析記事をシリーズで紹介している。同紙は「サムスン電子はスマートフォンやテレビ、半導体メモリーなど世界首位の製品群をそろえ、時価総額はトヨタの2倍の52兆円でアジアを代表する巨大企業になった」として「ソニーや日立、パナソニックなど日本の電機大手8社(32兆円)を合わせても及ばないほど」と紹介した。しかし今、中国の影が忍び寄っているとして、中国への人材流出などについて詳しく報じた。

「サムスン中興の祖、李健熙(イ・ゴンヒ)会長が昨年10月に死去し、長男で現在サムスングループトップの李在鎔(イ・ジェヨン)副会長は1月に再び収監された。巨艦サムスンはどこへ向かうのか」

最初に比較した企業は中国のファウンドリ(半導体の受託生産)企業、中芯国際集成電路製造(SMIC)だ。米国特許商標庁の特許出願リストを分析した結果、SMIC所属の研究員として活動する62人の韓国人の名前が確認された。同紙は「米中貿易紛争が本格化して以降、サムスン電子の半導体部門の頭脳が集まる華城キャンパスの技術者に、ヘッドハンティング会社からの連絡が急増している」と報じた。米国ワシントンと中国・北京から遠く離れた京畿道華城もまた、米中対立の最前線になっているというわけだ。

スポンサードリンク
同紙は、先端技術を奪う中国と守る韓国の様子がかつての韓日の構図と重なるとも指摘した。当時、日本の技術者たちが2泊3日で報酬100万円をもらって韓国出張に行っていたことを詳細に紹介した。実際に月1回ほどサムスンの研究所を訪れた経験のある日本の半導体技術者は「サムスン日本研究所の担当者が突然、家に電話をかけてきた」と打ち明けた。サムスンの生産工程の収率向上のために助言がほしいとのことだった。この技術者は、金曜夜に韓国に向けて出国し、日曜夜に帰国するというスケジュールで土曜と日曜午前に技術指導を行った。土曜の夜は韓国式の接待を受け、1回の報酬は50万円だった。中には100万円をもらう「特級人材」もいた。当時、日本では「韓国週末アルバイト」を阻止するために、技術者のパスポートを預かる企業もあったほどだ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/02/09/2021020980227.html

2014-01-07-sa.jpg

朝鮮日報は、半導体の受託生産でサムスン電子とライバル関係にあるTSMCは『餅は餅屋』の原則で、供給企業との共生、オープンイノベーションを掲げてサムスンをしのぐ急成長を遂げていると報じている。また日本の供給企業の幹部は、「仮に二者択一を迫られれば、サムスンよりTSMCを選ぶだろう」と述べている。

サムスンはメモリーとディスプレー生産では現在世界最大。だが、台湾の調査会社トレンドフォースによると、19年のファウンドリー市場はTSMCが過半のシェアを持つ。サムスンは18%にすぎず、成長が見込まれる市場規模2500億ドルのファウンドリーやロジックチップ(論理回路を組み込んだICチップ)市場でシェアを伸ばしたい考えだ。

TSMCがシェアの大半を占める市場にサムスンが大きく食い込めるかは一部のアナリストから疑問視する声も上がる。TSMCは技術と製造能力での独走態勢を固めるために年間約170億ドルを費やす。サムスンの半導体部門は20年の投資額260億ドルをこれまで主にメモリービジネスに充ててきたが、メモリー製造に関する全ての専門的技術が先端のロジックチップ製造に直接有用なわけではない。

SKセキュリティーズのアナリスト、キム・ヤン・スー氏は「TSMCは24年に2ナノメートルチップにGAAを採用の予定。23年後半に前倒しの可能性もある。同社が2ナノメートルチップを生産開始する前の23年にサムスンが実質的に逆転を果たす可能性がある。注文が殺到する状況が予想され、サムスンが市場シェアを拡大できるかは、どれだけ多くのEUV露光装置を確保できるかにかかっている」と指摘する。

関連記事

[ 2021年02月10日 09:14 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp