韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  車載バッテリー巡る韓国企業同士の紛争 LG側の主張認める=米ITC

車載バッテリー巡る韓国企業同士の紛争 LG側の主張認める=米ITC

米国際貿易委員会(ITC)は10日(現地時間)、韓国のLGエナジーソリューションが電気自動車(EV)などに搭載するバッテリーに関する営業秘密を侵害したとしてSKイノベーションを訴えていた問題について、LG側の主張を認める最終決定を下した。ロイター通信などが報じた。

 これにより、ITCはSK側に対し一部のリチウムイオンバッテリーの輸入を10年間禁止する排除命令を出した。ただし、米国内での自動車生産のために供給するバッテリーと部品の輸入は一定期間認める猶予措置を設ける。 LG化学から分社しバッテリー事業を専門に手掛けるLGエナジーソリューションは、車載用バッテリーとして使われる2次電池技術に関連し、SKイノベーションが同社の従業員を引き抜いて営業秘密を盗んだと主張。2019年4月にITCに提訴した。

 ITCは昨年2月の予備決定で、SK側に対しLGのバッテリー技術を盗んだ証拠を隠滅したとして敗訴の決定を下しており、今回の最終決定はその延長線上にある。 ITCの決定は大統領の承認手続きを経て確定するが、一部ではバイデン米大統領が自国内での自動車生産に支障が出ることを懸念し、拒否権を行使する可能性があるとの見方も出ている。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/02/11/2021021180046.html

スポンサードリンク
韓国の車載電池大手LG化学が同業のSKイノベーションを営業秘密の侵害で訴えていた係争で、米国際貿易委員会(ITC)は10日、SK側に米国への輸入禁止命令を下した。SKが米ジョージア州に持つ車載電池工場で部品調達ができず生産停止を迫られる。同命令の猶予期間中にLG化学との和解を探ることになる。LG化学は2019年4月に、SK側がLG化学の営業や技術の担当者76人を引き抜いて車載電池の技術や顧客を奪ったことが営業秘密の侵害にあたるとして提訴していた。

2015-07-18-wa.jpg

ITCは10日の判決でLGの主張を認め、SK側に対象製品の米国への輸入を10年間禁止する排除命令を出した。ただSK顧客の米フォード・モーターへの供給については4年間、独フォルクスワーゲン(VW)へは2年間は供給を続けられるとした。ITCは事実上の猶予期間を設定しLG側との和解を促した格好だ。ITC判決を受けて、SKイノベーションは「猶予期間をもらえたことで、同期間中に解決策を検討する」とした。LG化学は「30年間かけて築いた知的財産権を保護してもらえた。(SK側に)訴訟終結を強く促していく」とした。

LG化学はSK側に2000億円規模の賠償金を要求しており、SK側は「金額が法外」として拒否していた経緯がある。ITCという第三者判断を踏まえて両社は和解の金額について交渉を始める。両社の和解が成立すればITC命令は解除され、SKは輸入・生産活動を始められる。LG化学は車載電池分野で中国の寧徳時代新能源科技(CATL)に次ぐ世界2位。SKイノベーションは6位につける。両社とも電気自動車(EV)普及を背景に世界で生産能力拡張に動いている。SKは米ジョージア州での工場拡張を進めて、VWやフォードに車載電池を供給する計画だった。

関連記事

[ 2021年02月12日 08:50 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp