韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国イーコマース企業「クーパン」、米証券市場上場は成功するのか…「利益」立証がポイント

韓国イーコマース企業「クーパン」、米証券市場上場は成功するのか…「利益」立証がポイント

韓国イーコマース企業のクーパンが上場のための本格的な作業を始めた。クーパンの計画通りに米国で企業公開(IPO)が実現すれば、企業価値が最大20兆-30兆ウォンの大型流通企業に生まれ変わる。ネイバーと共にIT業界の絶対強者に浮上中のカカオの時価総額が約43兆3500億ウォン(約4兆1000億円)だ。

実際、クーパンは独特な企業だ。2010年の創社以降、黒字を出したことがない。むしろ兆ウォン単位の赤字を出し、孫正義ソフトバンク会長をはじめとする投資家を心配させた。しかし市場はクーパンの成長の可能性が高いとみている。アプリケーション・リテール分析会社ワイズアプリによると、昨年上半期のクーパンでの決済金額は9兆9272億ウォンだった。前年同期比で取引規模は41%も増加した。同じ期間、ライバル企業イーベイコリアの決済金額は8兆6643億ウォンと、同比で小幅増加にとどまったのとは対照的だ。

さらにクーパンは販売商品のうち90%以上が直接購買を基礎とする。ネイバーのような外部プラットホームに対する依存度が低い。また「ロケット配送」と呼ばれるフライン物流網を構築している。相対的にオフライン物流網が脆弱な他のイーコマース企業と比較すると確実な強みだ。このためクーパンが出す赤字には「意図的投資」という見方も多かった。クーパンの上場はすでにある程度予想されてきた。予定通り企業公開が実現すれば、他のイーコマース企業にもプラスの影響を与えるとみられる。クーパンと似たティモンも時間帯別にさまざまな商品を割引して出す特価企画展「タイムコマース」というビジネスモデルで過去数年間、大きく成長している。

スポンサードリンク
上場のために昨年、チョン・インチョン元ビッグヒットエンターテインメント最高財務責任者(CFO)も迎えた。市場はティモンの企業価値を2兆ウォン台とみている。ティモンは年内に国内証券市場への上場を目標にしている。クーパンが上場を通じて得た資金で再投資すれば、また国内流通市場が大きく動くという見方も出ている。 流通業界の関係者は「クーパンが本当に利益を出せる企業であるかを立証しなければいけない状況を迎えている」とし「従来の流通大企業、ネイバーやカカオとの本格的な競争でどんな比較優位を示せるかが、上場だけでなくクーパンの長期的な生存のための決定的な変数になるだろう」と話した。
https://japanese.joins.com/JArticle/275492?servcode=300§code=310

2021-02-14-k002.jpg

クーパンは2010年の設立以降、直接購入と独自の配送人員を利用した迅速な配送サービス「ロケット配送」を前面に出しながら急成長してきた。売上高は2016年の1兆9159億ウォンから19年には7兆1530億ウォンに増え、毎年40-60%ずつ成長した。証券業界によると、昨年は新型コロナの影響で家庭で過ごす時間が長くなり、売上高は11兆ウォン台に増えたと推定される。

ただ、攻撃的な投資が続き、赤字規模も毎年数千億ウォン台にのぼる。クーパンはまだ一度も黒字を出していない。2019年までの累積赤字は3兆7000億ウォンとなる。

関連記事

[ 2021年02月14日 08:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp