韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日本、ワクチンの使用を初めて承認…17日からファイザー7200万人分供給

日本、ワクチンの使用を初めて承認…17日からファイザー7200万人分供給

日本政府が米国製薬会社ファイザーの新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)のワクチン使用を正式承認した。日本で新型肺炎ワクチンが承認されたのは今回が初めてだ。14日、共同通信とNHKによると、日本厚生労働省はこの日ファイザーのワクチンに対する正式承認を決定した。

これに先立って、ファイザーは日本政府と7200万人分のワクチンを供給するという契約を結んで昨年12月承認申請した。その後、ファイザーのワクチンの安全性と有効性を確認するための日本国内で臨床試験の手続きが進められた。先月初め、日本の一日新規感染者は8000人に迫り、今月に入って1000人台に減ったが、累積感染者は41万人を上回った。こうした中で日本厚生労働省専門家会議は12日、ファイザーワクチンが安全だと判断して特別承認を下した。 ファイザーのワクチンの承認手続きが終わるにつれ、日本政府は17日から国立病院など核心医療従事者を中心にワクチン接種を始める計画だ。

韓国でもファイザーのワクチンは医療スタッフに先に支給されるものとみられる。疾病管理庁は15日「新型肺炎予防接種2~3月施行計画」を発表する。1-3月期の接種対象は新型肺炎感染者を治療する医療スタッフ5万人と療養病院・療養施設の高齢者および従事者78万人だ。この中でファイザーのワクチンは医療スタッフに接種する方針が決まったため、療養病院・療養施設入所者と従事者などはアストラゼネカのワクチンを打つことになる可能性が大きい。
https://japanese.joins.com/JArticle/275511?servcode=A00§code=A00

スポンサードリンク
アメリカの製薬大手ファイザーが開発した新型コロナウイルスのワクチンについて、厚生労働省は14日午後、安全性や有効性などが確認されたとして、正式に承認したと発表しました。新型コロナウイルスのワクチンが国内で承認されたのは初めてとなる。ファイザーが日本国内での使用に向け、去年12月に承認を求める申請をしていたワクチンについて、厚生労働省の専門家部会は12日、有効性や安全性などを審査した結果、発症を予防する効果が期待できるとして、承認を了承した。これを受けて厚生労働省は14日午後、正式に承認したと発表した。

2021-01-27-k002.jpg

新型コロナウイルスのワクチンが国内で承認されたのは初めてとなる。ファイザーのワクチンは、16歳以上が対象で、原則3週間の間隔をあけて2回接種する。正式な承認を受けて、今月17日にも医療従事者に先行して接種が始まる見通しだ。政府はファイザーと年内に7200万人分の供給を受ける契約を結んでおり、順次、高齢者などへ接種を進めていく方針。新型コロナウイルスのワクチンをめぐっては、このほか、イギリスの製薬大手アストラゼネカが今月5日に厚生労働省に対し承認を求める申請を行っているほか、アメリカの製薬会社モデルナも国内で治験を進めている。

新型コロナウイルスのワクチンの円滑な接種に向けて、政府は、実務を担う自治体の準備に支障が出ないよう、ワクチンの購入や接種などに必要な費用はすべて国が負担する。厚生労働省は15日、都道府県の職員も加わる形でおよそ40人からなる対策チームを発足させ、自治体との情報共有を図るとともに、接種の進捗状況を確認する方針だ。

関連記事

[ 2021年02月15日 08:49 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp