韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  テスラ、5999万ウォンの「モデルY」の販売を突然中止

テスラ、5999万ウォンの「モデルY」の販売を突然中止

テスラが、電気スポーツユーティリティ車(SUV)「モデルY」のうち、最も安価なスタンダードレンジの販売を、発売から10日後に突然中止した。すでに購入し納車待ちの顧客に対しても、販売を中止する可能性が高い。

22日、自動車業界によると、テスラは、自社の注文ホームページからモデルYトリムの選択のうち、スタンダードトリムの選択肢を削除した。スタンダードレンジは、韓国では5999万ウォンで販売された。今年基準で、テスラ車のうち唯一、政府・地方自治体から購入補助金を共に受けることができる車で人気を集めた。政府は今年、電気車の価格が6000万ウォン未満の場合にのみ補助金を全額支給し、△6000万ウォン以上〜9000万ウォン未満の車は50%、△9000万ウォン以上の車は補助金を支給しない。

テスラコリア側は、「21日から世界のすべての国で、モデルYスタンダードレンジのトリムを選択できなくなったため、現在は購入できない」とし、「一時的中止か、今後も購入できなくなるのかはまだ決まっていない」と明らかにした。すでに注文した顧客に対して、下半期(7〜12月)中に車両を引き渡せるかどうかも不確実だ。同社の関係者は、「すべての可能性を開いておかなければならない」とし、注文をキャンセルした場合は全額返金する方針を明らかにした。販売中止の理由については明らかにしていないが、業界では販売戦略、車両欠陥など様々な推測が流れている。
https://www.donga.com/jp/

スポンサードリンク
米電気自動車(EV)大手テスラは、セダン「モデル3」とSUV(スポーツ用多目的車)「モデルY」の基本車種を値下げする一方、それぞれの高性能車種を値上げした。モデル3の廉価モデル「スタンダードレンジプラス」は3万7990ドルから3万6990ドルに、モデルYの「スタンダードレンジ」は4万1990ドルから3万9990ドルに、それぞれ下げた。従来型自動車メーカー各社がEV市場に参入する中、テスラは自社製品をより手頃な価格にしようとしている。

2021-02-23-k002.jpg

一方、モデル3の最上級モデル「パフォーマンス」は5万4990ドルから5万5990ドルに、モデルYの最上級モデルは5万9990ドルから6万0990ドルに、それぞれ値上げした。テスラの昨年の納車台数は49万9550台で、市場予想の48万1261台を上回った。テスラは約2年前、2021年春にModel Yの標準レンジモデルの生産を開始する予定だと述べていた。しかし2020年7月にマスク氏は、低走行距離が「許容できないほど短い(EPAで250マイル以下)」ため、このモデルをウェブサイトから削除したとツイートしていた。

関連記事

[ 2021年02月23日 09:16 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp