韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国政府が植え付けた「アストラゼネカ不信」…「大統領が先に打て」ブーメラン

韓国政府が植え付けた「アストラゼネカ不信」…「大統領が先に打て」ブーメラン

新型コロナウイルスワクチンの接種が4日後に迫った。26日にアストラゼネカ、27日にファイザーのワクチン接種が始まる。待ち望んでいたワクチン接種が目前に近づいたが、文在寅(ムン・ジェイン)大統領のアストラゼネカワクチン1号接種議論に権徳チョル(クォン・ドクチョル)保健福祉部長官の公正性毀損の主張が出てきて議論が加熱している。これによりワクチンへの不安感が拡大する様相だ。

韓国政府は20日、療養院・療養病院従事者、新型コロナウイルス対応医療機関の医療陣の90%以上がワクチン接種に同意したと明らかにしたが、6~7%は同意しなかった。同意した人も26~28日に全員が接種するかは未知数だ。一般国民の不安な見方は相変わらずだ。韓国社会世論研究所が22日に韓国交通放送の依頼により19~20日に満18歳以上の1020人を調査したところ、「順番がくればすぐに接種したい」という回答は45.8%だった。「接種を先送りして状況を見守りたい」という回答者が45.7%、「摂取しない」が5.1%だった。ワクチン導入と接種準備体制に対する政府への信頼度と関連しては、回答者の55.8%が「信頼する」と答え、41.1%は「信頼しない」と答えた。

19日の韓国ギャラップの調査と比較すると状況は悪化した。当時の調査では71%が「接種の意向がある」と答え、「意向がない」という回答は19%だった。

スポンサードリンク
アストラゼネカへの不信は韓国政府が種をまき、政界が拡大再生産している。食品医薬品安全処と疾病管理庁は先月28日以降にアストラゼネカのワクチンの許認可と接種対象選定過程で一貫した立場を見せることができなかった。これを受け政界で論争が加熱している。劉承ミン(ユ・スンミン)元未来統合党議員が19日に不信解消に向け「文在寅大統領がアストラゼネカのワクチンの最初の接種をすべき」と促すと、民主党の鄭清来(チョン・チョンレ)議員が「国家元首が実験対象なのか。国家元首に対する嘲弄であり冒涜」と反論した。ソウル市長を目指す趙恩禧(チョ・ウンヒ)瑞草(ソチョ)区長と、「国民の力」戦略室長を務める金根植(キム・グンシク)慶南(キョンナム)大学教授が真っ向から対立した。
https://japanese.joins.com/JArticle/275831?servcode=400§code=400

2021-01-27-k002.jpg

韓国に導入された新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチンをめぐる不信の論議が浮上したアストラゼネカ製ワクチンに対して国民の力の劉承ミン前議員が文在寅大統領から接種を受ける必要があると主張した。劉前議員は19日、自身のフェイスブックに「アストラゼネカ、大統領が先に打たなければ不信をなくすことができない」と主張した。また「初めて確保したワクチンのほとんどが高齢層の臨床実験が終わっていないアストラゼネカなので、接種順序が突然変わった」として「26日から療養施設でアストラゼネカの接種が始まるが、一部の医療スタッフが接種を拒否する事態が発生している」とした。

同時に「この不信は文在寅大統領と政界の実力者が自ら招いた問題」として「文在寅大統領は1月18日記者会見で『ワクチンの不安感が高まれば先に打つことも避けない』と話した。文大統領が初めてアストラゼネカのワクチンを接種し、その後保健福祉部長官、食品医薬品安全処長、疾病庁が率先してアストラゼネカのワクチンを打つことでこのワクチンに対する国民の不信を減らさなければならないという主張だ。劉前議員は「その間青瓦台発、民主党発の偽ニュースによって積もった国民の不信を減らせてほしい」として「そのようにしなければ、国民が信じて接種することができないだろう」と指摘している。

関連記事

[ 2021年02月23日 09:37 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp