韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国、2020年に初の人口減 出生率が過去最低更新

韓国、2020年に初の人口減 出生率が過去最低更新

韓国統計庁は24日、2020年に同国で生まれた子どもの数(出生数)が前年比10%減の27万2400人で、過去最少となったと発表した。1人の女性が生涯に産む子どもの推定数である合計特殊出生率も0.84と過去最低を更新した。死亡者数は30万5100人と出生数を上回り、統計開始以来初の人口減となった。

20年の出生率は前年に比べて0.08下がった。平均出産年齢は33.1歳と、前年から0.1歳上がった。40歳台を除くすべての年代層で出産が減った。20代後半から30代前半の減少幅が大きい。人口構成の変化もあるが、若い世代の先行き不安感が影響している。

1970年代には4を超えていた韓国の出生率は90年に1.57と日本と並ぶ水準に低下した。00年から15年の間は1.2前後だったが、17年に1.05に急減。18年にデータがある1970年以来初めて1を割り込んだ。

出生数が減少する一方で、死亡者数は前年比3.4%増えた。出生数の減少傾向は今後も続くとみられ、韓国は本格的な人口減時代にさしかかる。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM231MW0T20C21A2000000/

スポンサードリンク
2021-02-25-k001.jpg

韓国統計庁が24日発表した出生・死亡統計(速報値)によると、2020年の出生数は前年比10.0%減の27万2400人で、1970年の統計開始以来で最も少なかった。一方、死亡者数は前年比3.4%増の30万5100人と出生数を上回り、韓国の人口が初めて自然減となった。出生数から死亡数を差し引いた人口の自然増は2010年には20万人を超えていたが、17年に7万2000人と10万人を割り込み、18年は2万8000人、19年は8000人と急速に縮小し、20年は3万3000人の自然減に転じた。統計庁は、継続する少子化で出生数が減少し、高齢化により死亡者数が増えたためと説明している。

年間出生数は20年に初めて30万人を下回った。02年から16年までは40万人台を維持していたが、17年から19年は30万人台となり、ついに20万人台に落ち込んだ。政府傘下の低出産・高齢社会委員会の施行計画によると、政府は06年から20年にかけての15年間で少子化対応予算として総額225兆ウォン(約21兆4000億円)を投じた。20年の少子化対応予算は40兆2000億ウォンで06年の約20倍に上る。 それでも、出生率の下落を食い止めるには至っていない。さらに新型コロナウイルス流行の影響も重なり、人口の自然減はこの先、さらに加速する。

関連記事

[ 2021年02月25日 07:49 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp