韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  三星テレビ、世界シェア31.9%で「過去最高」

三星テレビ、世界シェア31.9%で「過去最高」

三星(サムスン)電子は、15年連続で世界テレビ市場のトップの座を守った。LG電子は2位となり、昨年、世界のテレビ売上げの半分ほどが三星電子とLG電子の2社から出たものと集計された。24日、市場調査会社オムディアによると、三星電子は昨年、グローバルテレビ市場で金額基準のシェアが31.9%を占めた。過去最高のシェアだ。

三星電子は2006年、ワイングラスの形状と赤色を使った「ボルドーテレビ」を前面に出して、グローバル市場シェア1位(14.6%)についた後、一度も1位の座を渡さなかった。2009年に発光ダイオード(LED)テレビ、2011年にスマートテレビを披露して、テレビ市場を主導してきた。

特に、2017年に発売したQLED(量子ドット発光ダイオード)テレビの成長の勢いを基に、2019年に初めて30%を超えるシェアを獲得した後、昨年にさらに格差を広げた。2017年に80万台が販売されたQLEDテレビは、2019年の532万台に続き、昨年は779万台が販売され、全体売上高の35.5%を占めた。特に75インチ以上のテレビ市場で47.0%のシェアを見せるなど、超大型市場で格差をさらに広げた。

スポンサードリンク
三星電子は今年、ミニLEDを適用した「ネオQLEDテレビ」と自発光ディスプレイを活用した「マイクロLEDテレビ」を前面に出して、シェアを拡大していく計画だ。金額ベースで世界テレビ市場のシェアが16.5%で2位を占めたLG電子は、昨年初めて200万台を超えるオーレッドテレビを販売した。昨年、204万7000台あまりのOLEDテレビを販売して、2019年より23.8%が伸びた。特に昨年第4四半期(10〜12月)に86万4000台程度を販売して、四半期最大の販売業績を記録した。
https://www.donga.com/jp/

2021-02-25-k006.jpg

サムスン電子が15年連続で世界のテレビ市場でのシェア1位を守った。グローバル市場調査企業「オムディア」の24日の発表によると、サムスン電子は昨年のグローバル市場において、金額ベースで過去最高となるシェア31.9%を達成した。サムスン電子は、2006年に固定観念を破った「ボルドー」の発売をきっかけとして世界シェア1位(14.6%)を初めて達成。2009年にはLEDテレビを発売。2011年にはスマートテレビを発売するなどにより、市場の支配力を高めてきた。2019年(30.9%)に30%台を達成したのに続き、昨年は記録を再び塗り替えた。

サムスンは「QLEDと超大型テレビの集中戦略が功を奏した」と説明した。QLEDテレビの販売量は、2017年の80万台から2018年には260万台、2019年には532万台と着実に増加している。昨年の販売台数は779万台。昨年のサムスン電子のテレビ総売上高に占めるQLEDの割合は35.5%だった。 特に、2500ドル以上のグローバル・プレミアムテレビ市場では、サムスンが金額ベースで45.4%のシェアを占め、トップの座をしっかりと守っている。超大型テレビ市場でも75型(インチ)以上は47.0%、80型以上は50.8%の圧倒的なシェアで1位を占める。

関連記事

[ 2021年02月25日 08:30 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp