韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「世界初のローラブルフォン」の称号、韓国ではなく中国の手に?

「世界初のローラブルフォン」の称号、韓国ではなく中国の手に?

2021年2月24日、韓国・マネートゥデイは、中国メーカー「OPPO」が公式イベントの場で「ローラブルフォン(巻き取り式スマホ)の新製品を見せつけた」とし、「世界初の称号は結局、中国が手にするのだろうか」と懸念を伝えている。

OPPOは現地時間23日に行われた「MWC上海」で、スマートフォンが空中に浮いている状態でも充電ができる「ワイヤレスエアチャージ」技術を公開した。しかし記事は「ここで目を引いたのは、充電器よりもローラブルフォンの『OPPO 2021』だった」とし、「同製品は昨年に電撃公開されたもので、側面のボタンを押すと画面が6.7インチから7.4インチに広がり、その大きさに合わせて視聴中の映像や使用中のアプリの画面も自動で調整される」と説明している。画面が均等に巻き取られるよう「ワープトラック」や「2in1プレート」など多様な独自技術が使われているという。

同製品の商用化の時期は未定となっているが、記事は「今回のイベントを含め、OPPOは最近SNSで活発に同製品をPRしており、発売される日も近いとみられる」と予想。また「OPPOは昨年の世界のスマホ市場でシェア8%を記録し5位になった『隠れた強者』だ」と説明している。

スポンサードリンク
一方、「世界初のローラブルフォン」の発売が期待されていた韓国のLG電子は現在、スマートフォン事業の見直しを行っており、発売されるかは不透明な状況となっている。LG電子は「ローラブルフォンの開発は続けている」との立場を示しているものの、業界では「事実上の撤収」とみられているという。
https://www.recordchina.co.jp/b872576-s25-c20-d0191.html

2021-02-27-k001.jpg

韓国メディアは昨年7月、LG電子が「ローラーブルフォン」を開発しているようだと報じていた。朝鮮日報は、「LG電子がTVに続き、世界初のローラブル携帯電話を開発中であり、今月中に最初の試作品を生産する計画である」とし、「(同製品の)研究開発にはLGディスプレイではなく、中国最大のディスプレイメーカーBOEとコラボレーションしている」と伝えている。

同紙によると、LG電子はローラーブルフォン関連の商標権を出願し、早ければ来年初めの完成品公開を目標に試作品の生産などを進めているとした。また業界関係者は「ローラーブルフォンが発売されても出荷量が多くないので、象徴としての意味が大きい」とし、「(赤字が続く)スマートフォン事業でLGの技術力をアピールする「会心のカード」になる可能性がある」と述べたという。

パートナーがLG系列のLGディスプレイでない理由について、ローラーブルフォンの出荷台数が少ないと予想されることから、LGディスプレイ側と採算面で折り合いがつかなかったものと複数紙が報じている。朝鮮日報は、「LG電子は既に昨年、デュアルスクリーン携帯電話発売時からLGディスプレイではなく、中国のビジョンオックスパネルを適用してきた」とし、「LGディスプレイは、現在、アップル・ファーウェイのラインに集中している」と伝えている。

世界初のローラブルフォン」の発売が期待されていた韓国のLG電子は現在、スマートフォン事業の見直しを行っており、発売されるかは不透明な状況だ。LG電子は「ローラブルフォンの開発は続けている」との立場を示しているものの、業界では「事実上の撤収」とみられている。

関連記事

[ 2021年02月27日 08:13 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp