韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  「早く来い来い月曜日」 韓国20代の株式中毒3倍増

「早く来い来い月曜日」 韓国20代の株式中毒3倍増

「株取引をしない週末は早く過ぎ去ってほしい」「株式のためにカネを借りたり、周囲にうそをついたりしたことがある」「株式売買のために大事な用事や余暇活動を放り投げたことがある」--。これらは全て「株式中毒」の兆候だ。コロナ以降、麻薬やギャンブルのように株式にはまり、株式中毒の症状を訴える20代が急増している。

韓国賭博問題管理センターによると、昨年株式中毒の症状で同センターを訪れた人は1732人で、前年(1008人)に比べ72%増えたという。最も目立つのは20代の中毒者だった。前年には20代の株式中毒相談者は73人にすぎなかったが、昨年には236人へと3.2倍に増えた。同センターのシン・ヘンホ・ソウルセンター長は「株式を財テクまたは投資と考えるケースが多いが、株式も自分で調節ができないところまで没頭すれば中毒になる」と指摘した。

専門家は株式投資が賭博と似た属性を持っていると語る。同センターのオ・ウンギョン相談員(51)は「株式中毒に悩む人は株式が上がるとすぐに報いを求めて売り、株式が下がると元手を取り戻すために借金をしてまで投資を行う」とし、「いずれも賭博が持つ特性だ」と指摘した。株式中毒に陥った会社員には週明けに出勤したくない「月曜病」はない。株式投資関連のインターネット掲示板には「取引が休みなので、旧正月連休が楽しくなかった」「早く月曜日になって株取引をしたい」など「中毒症状」を示す書き込みが多い。

スポンサードリンク
「株式中毒」は離婚理由にもなる。ファン・ソンヒョン弁護士は「夫の行き過ぎた株式投資のせいで婚姻関係が破綻に至ったという妻の主張を裁判所が認めた例がある。損失額を気に留めず投資に没頭し、家庭生活をないがしろにする態度が問題だった」と指摘した。また、「最近3カ月に仮想通貨、株式投資が離婚理由になるかという問い合わせが以前の約10倍に増えた」と話した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/02/26/2021022680121.html

2014-02-08-wa-1.jpg

韓国国民の5人に1人が、新型コロナウイルス禍に見舞われた後に株など金融投資が加速している。20代は3人に1人が投資に乗り出し、今韓国での株式ブームが熱い。韓国金融投資者保護財団が1月13日発表した「新型コロナ時代の金融行動調査」によると、回答者の19.0%が「新型コロナ以降、生涯で初めて金融投資を始めるか再開した」と答えている。特に、20代はコロナで株式投資を開始したか、再開したと答えた割合が29.0%と最も高かい。

調査対象投資家の58.8%は、「コロナ危機後に、コロナ関連株、米国の技術株、仮想通貨、派生商品のうち一つ以上に投資した」と答えている。コロナ関連株が41.9%で最も多く、米技術株(28.6%)、派生商品(22.0%)、仮想通貨(15.9%)の順。さらに、回答者の27.3%は、コロナの衝撃による所得減少に備えて支出を減らし、住宅購入資金や引退資金の調達のような財務目標を調整したと主張している。がしかし大半の若者株投資は、借金が増加するだけだろうと考えるが。

関連記事

[ 2021年02月28日 08:45 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp