韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、アイオニック51日で完売…テスラは足元に火が付く

韓国、アイオニック51日で完売…テスラは足元に火が付く

現代自動車の新しい電気自動車「アイオニック5」が事前契約初日に事実上完売する突風を巻き起こした。アイオニック5は現代自動車グループが世界市場を狙って投入する電気自動車専用プラットフォーム「E-GMP」を採用した初の電気自動車だ。

現代自動車は25日に事前契約が始まった当日に2万3760台が契約されたと明らかにした。今年の韓国市場での販売分を事実上1日で達成した格好だ。韓国の自動車販売史上最多で、昨年発売した起亜(キア)自動車の第4世代「カーニバル」の2万3006台の記録を上回る。車は4月から引き渡しが始まる。

昨年現代自動車の販売トップとなった水原(スウォン)西部支店のクァク・ギョンロク営業部長は「契約台数は明らかにできないが、契約は多く入ってきた。アイオニックに対する補助金など多くの情報収集をしながら昨年から待って申し込んだ顧客がほとんど」と話した。業界では契約キャンセル率は高くないと予想した。通常は新車の事前契約キャンセル率は20~30%だが、今回のアイオニック5は類例がない消費者の反応からキャンセル率は高くないと予想される。

スポンサードリンク
サムスン証券のイム・ウンギョン研究員は「期待以上の反応。内部・外部デザインに対する好評、急速充電など新技術、価格競争力、先着順で支払われる補助金などが要因」と分析した。続けて「気難しいことで有名な韓国の消費者を満足させたという点で今後欧米市場でも競争力を備えたものと評価される」と話した。

ハイ投資証券リサーチセンター長のコ・テボン氏は「内燃機関車から電気自動車に転換するタイミングで2万台以上の事前契約により消費者の需要を確認したという点で意味がある。今後アイオニック6(セダン)とアイオニック7(大型SUV)の販売にも影響を与えるだろう」と話した。アイオニック6は2022年、アイオニック7は2023年の発売予定だ。
https://japanese.joins.com/JArticle/276034?servcode=300§code=320

hyundai-3.jpg

電気自動車時代が近付く中で韓国の電気自動車用バッテリーは世界1位、現代・起亜自動車は電気自動車販売で世界5位に上がった。電気自動車大戦の初期局面ではあるが韓国の電気自動車とバッテリーが既存の内燃機関車時代より世界的な位置付けがさらに大きくなるだろうという期待感が高まっている。

電気自動車調査会社のEVボリュームズが21日に明らかにしたところによると、先月の世界の電気自動車販売台数はプラグインハイブリッド車を含め59万台で、前月の42万台から大きく増えた。EVボリュームズは昨年11月の販売台数を根拠に今年の電気自動車販売台数を450万台と予測したが、先月の販売が急増し今年の予想値を上方修正するものとみられる。

一方でバッテリー問題による発火がある。解決が遅れるほどにリコール数は増大するだろう。日本企業も全固体電池が加速し、状況は日々変わることになる。東アジア地域では、日系企業が先導している。韓国企業は品質低下が加速するほどに、のちのツケは大きくなる。

関連記事

[ 2021年03月01日 08:17 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp