韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  三星のネオQLEDテレビ、米で「最高の製品」と絶賛

三星のネオQLEDテレビ、米で「最高の製品」と絶賛

三星(サムスン)電子は、今年初めに公開した「ネオ・キューレッド(QLED)」(量子ドット発光ダイオード)テレビ(写真)が、米消費者メディアから相次いで好評を受けたと明らかにした。 1日、三星電子によると、米テック専門家グループ「AVSフォーラム」は、ネオQLEDテレビについて、「ゲーム、映画、スポーツなど、どんなコンテンツを楽しんでも最高のホームエンターテイメントの経験を伝える」と評価し、今年の「最高の製品」に選んだ。

米情報技術(IT)専門メディア「Techaeris」は、「エディターズ・チョイス」製品としてネオQLEDテレビを選定し、「最も未来志向的なテレビだ」と強調した。グローバル経済専門誌・フォーブスは、「華やかな色彩を表現しながらも、有機発光ダイオード(OLED)のような深さに均一で点滅のないブラックを実現する」と画質を高く評価した。

ネオQLEDテレビは、光源の役割を果たすバックライトの周辺に、従来の発光ダイオード(LED)の40分の1ほどの小さいサイズのLEDを細かく配置した。またAI基盤の制御技術である「ネオ量子プロセッサー」を通して高い画質を実現した。三星電子は1月、新製品公開行事の「三星ファーストルック」でネオQLEDドテレビを公開した。
https://www.donga.com/jp/

スポンサードリンク
サムスン電子の新型量子ドット液晶表示装置(QD-LCD/QLED)テレビが、欧州の権威ある専門誌から歴代最高の評価を受けた。サムスン電子はた22日、ドイツの映像・音響の専門評価誌である「ビデオ(Video)」誌がサムスン電子製「Neo QLED」テレビに、テレビ部門で歴代最高点の966点を与えたと明らかにした。このスコアはサムスン「QLED 8K」テレビが昨年に記録した当該部門の最高点956点を1年ぶりに破った。「ビデオ」誌はヨーロッパの主要映像分野の専門メディアとして、消費者の信頼度が高いことが伝えられた。

2016-03-07-sa.jpg

Neo QLEDテレビは先月のサムスン電子新製品紹介イベント「サムスンファーストルック」で公開された。サムスン電子によると、このテレビはQLEDテレビに同社独自の人工知能(AI)基盤の制御技術である「ネオ量子プロセッサ」を採用し、画質を一段階引き上げた製品だ。また既存のQLEDテレビの背面光(バックライト)に使われる発光ダイオード(LED)素子を40分の1の大きさに小さくし、より高密に素子を配置する「量子ミニLED」技術も採用した。サムスン電子は独ビデオ誌が「サムスンネオQLEDテレビは量子ミニLED技術で優れたコントラスト比とブラック再現性を実現した」と評価したと伝えた。

サムスンNeo QLEDテレビは「ビデオ」誌のテレビ部門で最高点を更新しただけでなく、3つの部門賞を同時受賞した。Neo QLEDテレビが受けた賞は、最高画質の製品に授与する「リファレンス」、革新的な製品に授与する「イノベーション」、デザイン性に優れた製品に贈られる「デザインのヒント」などの3種類。

関連記事

[ 2021年03月02日 08:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp