韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  エンジンがかかった韓国EV、4月にもテスラと対決

エンジンがかかった韓国EV、4月にもテスラと対決

現代自動車が2月23日午後、「アイオニック5」をネット上で世界初の公開に踏み切った。現代自が独自開発した電気自動車専用プラットフォーム(E-GMP)が適用された初のモデルで、「電気自動車の大衆化時代」を狙った野心作だ。 「アイオニック5」は2月25日から事前契約を開始し、4月には正式発売する予定だ。年内に欧州、北米などにも進出する。現代自は「アイオニック5」をテスラが支配するグローバル電気自動車市場を攻略する戦略モデルとして掲げ、市場の勢力地図を塗り替える狙いだ。

アイオニック5の全長は4635ミリと、準中型スポーツタイプ多目的車(SUV)のトゥーサンとほぼ同じだが、ホイールベース(前輪と後輪の幅)は3000ミリと、大型SUVのパリセード(2900ミリ)よりも長い。ホイールベースが長いほど、車の室内空間は広くなる。車高もSUVに近く高めで、頭上の空間は余裕を感じさせる。

現代自の関係者は「専用プラットフォームが適用されたことで、従来の自動車の常識を超えた室内空間確保が可能になった」と述べている。例えば、車の駆動軸がなくなり、運転席と助手席の間を遮る段差が無くなったほか、車内のフロアも平らになった。運転席と助手席では航空機のビジネスシートのように脚を支え、運転席と助手席の間のコンソールボックスは前後に最大140ミリまで動かすことができる。後部座席のシートも前後の移動が可能だ。親と子どもが一緒に乗った場合、シートの位置を調整して互いに会話を楽しむことができる。現代自のイ・サンヨプ専務(デザイン担当)は「室内空間を1センチたりとも無駄にしないために最善の努力を尽くした」と説明している。

スポンサードリンク
「アイオニック5」は、バッテリー容量の異なる二つのモデルが発売される。72.6キロワットアワーのバッテリーを搭載した「ロングレンジ」の場合、1回の充電における走行距離は410-430キロ程度だ。また、停止状態から時速100キロに到達するのに5.2秒と、エンジン性能も十分だ。一般充電(400ボルト)と高速充電(800ボルト)を共に可能にした充電システムが搭載され、18分の充電でバッテリー容量の80%を満たすことができるほか、5分の充電で最大100キロまで走ることができる。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/03/05/2021030580001.html

2021-03-05-k002.jpg

2021年2月23日、韓国の現代自動車は、新型電気自動車(EV)「アイオニック5」をユーチューブなどを通して公開している。 同社が初めて開発したEV専用プラットフォームを使った世界戦略車となる。だが韓国自動車のバッテリー業界は、2021年を「EV元年」と期待しているが、相次ぐ火災やバッテリー業界内での深刻な対立など波乱と不安が渦巻いている。そんな中で、現代自動車の新車予約としては「初日の申し込みが過去最高台数だった」という。

2021年の韓国内での販売目標が2万6500台だったことから見れば、1日でほぼこの台数を達成したことになる。韓国政府は、EVの普及のための補助金について6000万~9000万ウォンの車種については半額に引き下げると発表した。韓国紙デスクは「政府はEV普及を後押しするために意欲的な補助金政策を導入したが、2020年は最大の受益企業がテスラだった。テスラのための補助金という批判が出て制度を変えたようだ」と説明する。 このあおりでテスラは「6000万ウォン未満」という思い切った価格設定にした。 テスラの価格を意識しないわけにはいかない。現代自動車の「アイオニック5」もこの影響を受けたという見方が多い。

もっとも車両火災リコールの中で、今後の不安は大きいわけで、リコールを受けた車両で再び火災が発生している。世界のバッテリー市場でトップシェアを争っているLGと韓国自動車メーカーの現代自動車。本来ならばがっちり手を組んで「EV元年」を切り拓きたいが、今後の動向によっては火災の責任を巡って争いになる恐れもある。

関連記事

[ 2021年03月07日 08:18 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
???
EV車にエンジンは無い!
[ 2021/03/07 10:30 ] [ 編集 ]
はじめはSUV
EV四輪車は電池を床におくと、着座位置が高くなる。
フロントのエンジンルームは電源制御系の機器が入る。
アイオニック5は、2WDと4WDがあるが、2WDは後輪駆動、
これが謎。スポーツ志向したのではないだろう。
車高をかせぐためタイヤが大きい。SUVはこれでいい。
まずSUVだとして、普通の乗用車をどう作るか、見ものだ。
[ 2021/03/07 21:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp