韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  1月の食卓価格が6.5%↑…上昇率はOECD4位

1月の食卓価格が6.5%↑…上昇率はOECD4位

今年1月、韓国の「食卓物価」は、経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で4番目に大幅に上昇した。旧正月の連休があった先月は、上昇率が9年6カ月ぶりに最高値を記録した。8日、OECDの「月別食料品および非酒類飲料物価上昇率」によると、韓国は今年1月の食卓物価の前年同期比の上昇率が6.5%で、OECD加盟国37カ国のうち4番目に高かった。韓国より上昇率が高い国は、トルコ(18.1%)、チリ(7.8%)、アイスランド(6.7%)だった。

先月はさらに値上りした。韓国内食料品や非酒類飲料の物価は、前年同期比9.7%上昇した。2011年8月(11.2%)以後、9年6カ月ぶりの最高値だ。加盟国の大半が、先月の食卓物価の上昇率を集計しなかったが、1月に3位だったアイスランドの2月の上昇率が6.4%だったことを考慮すれば、2月の韓国の順位はさらに上がるものと見られる。食卓物価は気象悪化、高病原性鳥インフルエンザ(AI)の拡散により供給は減少したが、新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)の拡散により、「家庭食」の需要が増え、祝日消費まで増えたため大幅上昇したものと分析される。

統計庁の消費者物価動向によると、先月の果物や野菜、肉、魚などの農畜水産物の価格は、前年同月比16.2%値上がりし、2011年2月(17.1%)以降10年ぶりの最大幅の値上がりとなった。

スポンサードリンク
漢陽(ハンヤン)大学経済学部のハ・ジュンギョン教授は、「気象条件の悪化やAI拡散などは、供給を一時的に減らす要因であるため、今後も物価が引き続き上がるとは考えにくい」とし、「インフレは人件費上昇とかみ合った時に本格化する。現在は雇用市場が良くなく、人件費は上がっていないのでまだ懸念する段階ではない」と語った。
https://www.donga.com/jp/

2021-03-09-k005.jpg

統計庁が発表した消費者物価動向によると、2020年4月の消費者物価指数は104.95で前年同月と比べ0.1%上昇した。上昇率0%台は4カ月ぶりで、2019年10月(0.0%)以来の低水準となった。 国際原油価格下落の影響で石油類価格は6.7%落ち込んだ。高校無償教育の実施などにより公共サービス物価も1.6%下落した。 サービス物価のうち大きな割合を占める外食費の上昇率は0.8%にとどまった。 

ところがその後、過去最長期間の梅雨に台風まで重なり、先月韓国の食品物価上昇率が経済協力開発機構(OECD)主要国の中で3番目に高くなり、9月16日、OECDと統計庁によると、8月韓国の食料品および非主流飲料物価は前年同期より6.6%上昇した。さらに、新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)の拡散により、「家庭食」の需要が増え、祝日消費まで増えたため大幅上昇した。

関連記事

[ 2021年03月09日 09:32 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp