韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「国民車」ソナタの屈辱、販売不振で牙山工場操業中断

「国民車」ソナタの屈辱、販売不振で牙山工場操業中断

現代自動車は8日、中型セダン「ソナタ」を生産する牙山工場(忠清南道)の操業を一時中断すると発表した。ソナタの販売不振で在庫が積み上がり、生産を取りやめる格好だ。

現代自は「市場需要の減少に伴う弾力的な生産、供給のための措置」と説明した。同社は昨年12月23日から今年1月7日までの9営業日、同じ理由で牙山工場の操業を中断した経緯がある。 牙山工場はソナタとグレンジャーの2車種を生産している。現代自関係者は「ソナタが売れず、需要が高いグレンジャーを多めに生産してきたが、その結果グレンジャーまで適正在庫を超えた。車載用半導体の不足問題で工場を止めるわけではない」と話した。

2000-10年に国内販売首位を守り、「国民車」と呼ばれたソナタは、その後浮沈を繰り返し、17年に1位に浮上したグレンジャーに国民車の地位を譲った。昨年には販売台数が前年比32.6%減の6万7440台にとどまり、同クラスの起亜自動車「K5」(8万4550台)にも抜かれた。今年1-2月にソナタは7798台が売れたが、同じ期間のグレンジャーの販売台数(1万6644台)の半分にも満たなかった。

スポンサードリンク
業界関係者は「国民所得の増加により、大型で高級感がある車を好む消費動向が表れ、グレンジャーが中産階級のセダンの標準になっている。若い層の好みに合わせるデザインで人気となったK5と比べて特徴がないこともソナタ不振の要因だ」と分析した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/03/09/2021030980005.html

2021-03-09-k006.jpg

昨年2月の韓国の現代自動車は、新型コロナウイルスによる肺炎の影響で中国からの部品供給が止まったため、国内の全ての生産ラインを一時停止することを決めた。韓国には南東部の蔚山に5工場、南西部の全州工場、中部の牙山工場があり、2月7日までに全ての生産ラインを止めている。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中国で春節の連休が延長され、自動車部品のワイヤハーネス(組み電線)を生産する韓国企業の中国工場が操業を停止し、部品の供給がストップ。在庫が尽きたためだ。

そして今回、韓国の現代自動車が、3月8日から12日までの5日間、牙山工場(忠清南道)の稼働を中断する。 中型セダン「ソナタ」の販売不振に伴う在庫調整が目的となる。車載半導体の世界的な需給逼迫とは関係がないとの事。

関連記事

[ 2021年03月09日 09:41 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
クルマの世代交代
韓国はまだセダンが売れるようで、ソナタから
グレンジャーに売れ筋シフトは、セダンのサイズアップ。
日本はセダンが売れなくなって、ミニバンへシフト。
クラウンは廃番になり、法人向けはアルファードに交代する。
クルマの世代交代でも、日韓は文化が違うようだ。
[ 2021/03/09 10:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp