韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  ホンダが世界初の自動運転レベル3搭載車を発売

ホンダが世界初の自動運転レベル3搭載車を発売

2021年3月5日、ホンダが自動運転レベル3のシステムを搭載した新型レジェンドを発表したとのニュースを韓国・聯合ニュースが報じ、韓国のネットで注目を集めている。 記事は「レベル3は1~5に分けられる自動運転レベルの中間で、高速道路等の限定的な道路環境においてシステムが全面的に運転を担う(緊急の場合を除く)。運転の主体がシステムに切り替わると、ドライバーは前方を注視せずにスマートフォンを見たりカーナビを操作したりすることができる」と説明している。

ホンダは同機能を高級車のレジェンドに搭載し、リース専用車両として100台を限定販売する予定だ。販売価格は税込み1100万円台で、レベル3機能を備えた自動運転車両の販売は世界初となる。 最後に記事は「ホンダがレベル3自動運転車両の量産モデルを本格的に発売するまでには、安全問題や価格など解決しなければならない課題が多い」とも伝えている。

これを見た韓国のネットユーザーからは「さすが職人精神と技術のホンダ」「ホンダは車体とエンジンの性能がいい」と称賛の声が上がっている。一方で「デザインが微妙」「高速道路で時速30キロ以下の時のみ使用可能でしょ?そんな機能いらない」「1980年代の車みたい。東南アジアでなら人気になりそう」「5年後のグローバル市場で日本車のシェアはかなり少なくなるだろう」など厳しい声も上がっている。 また、「(韓国の)現代自動車にもできそう」「デザインは韓国の方がいい」などの声も寄せられている。
https://www.recordchina.co.jp/b873120-s25-c30-d0194.html

スポンサードリンク
レジェンドは、ホンダが発売するラグジュアリーセダン。今回発表した自動運転装置搭載グレードの「LEGEND Hybrid EX・Honda SENSING Elite」は、リース専用車種として販売する。価格は1100万円で、100台の限定生産とする。 このレジェンドが搭載する「HONDA SENSING Elite」は、これまでホンダ車が搭載してきた安全運転支援システム「Honda SENSING」の発展版となるもの。衝突軽減ブレーキやクルーズコントロールといった従来の機能に加え、限定領域で自動運転を実現する「レベル3」の自動運転機能を持つ。

2021-03-10-k002.jpg

自動運転のレベルは、1から5までの5段階に分類されている。このうち、システムが主体となるものはレベル3以上で、レベル1とレベル2の機能はドライバーが主体、システムは運転操作のサポートという立ち位置となっている。これまでも、高速道路走行時や渋滞時におけるハンズオフ機能は他社の製品で実用化されていたが、これは自動運転レベル2までの段階に留まっていた。レベル2以下では、運転操作や周囲監視を全てシステムに任せることはできない。そのため、ハンズオフ機能が作動している最中でも、ドライバーはナビの注視のような「余所見」をすると、交通違反となってしまう。

一方、今回レジェンドが実現した自動運転レベル3では、一部の領域に限られるが、システムが自動運転操作を実行している間は、自動運転中にナビ画面の注視や画面での映像視聴といった、ドライバーの「余所見」が可能となる。自動運転を実現するHonda SENSING Eliteは、国土交通省より自動運行装置として型式指定を取得しており、これは世界初の事例となる。 Honda SENSING Eliteでは、ハンズオフ機能、トラフィックジャムパイロット(渋滞運転機能)、緊急時停車支援機能といった機能を搭載している。

関連記事

[ 2021年03月10日 08:34 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp