韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米国債金利高騰ショック、韓国証券市場が乱高下

米国債金利高騰ショック、韓国証券市場が乱高下

米国債金利の引上げの影響で、総合株価指数(コスピ)が取引中に一時、年中最安値を記録するなど、4取引日連続で後退した。コスダックは、約3カ月ぶりに900ポイント台を割り込んだ。国債金利の高騰が招いた「金利発作」で、世界金融市場の不安が高まっている。

9日、コスピは前日より19.99ポイント(0.67%)安の1976.12で取引を終えた。取引中に一時、2%以上下落し、今年1月以降最も低い29.36まで急落したが、午後に入って下げ幅を減らした。コスピは4日から連日下落し、4日間106.87ポイントが下がり、2日連続で3000ポイント台を下回った。コスダックも896.36で取引を終え、昨年12月2日以来初めて900台を下回った。

対ドル・ウォン相場も1ドル=1140.3ウォンで取引を終え、5カ月ぶりのウォン安ドル高が進み、外国人投資家らの売りに拍車がかかった。同日、外国人投資家らは6486億ウォンの株を売って、5取引日連続の株売りが続いた。同日の証券市場の下落は、前日の米国債10年物金利が年間1.60%で取引を終えた影響が大きかった。米国債金利は今年に入って0.67%ポイント上がった。同日、ソウル債券市場でも10年満期国庫債金利は、前の取引日より0.006%ポイント上がった年2.034%で取★引きを終えた。10年満期の国庫債金利は、前日、2年ぶりに初めて2%台を超えた。
https://www.donga.com/jp/

スポンサードリンク
2月下旬、世界的に株式市場が不安定な展開になった。その中でも、韓国株式市場の乱高下はかなり顕著だ。今回の株式市場の変調の背景にはいくつかの要因がある。最も重要なファクターは、米国の長期金利(10年国債の流通利回り)が急上昇したことがある。金利の上昇によって、株式投資のメリットが減殺された。それに伴い、多くの投資家がリスクを嫌って株式保有の割合を低下させたようだ。

2021-03-10-k003.jpg

経済専門家の中では、「海外投資家が韓国株式市場から離れ始めている」との観測も出ている。海外投資家の多くが、文在寅大統領の経済政策への懸念も強めている。 ワクチン接種によって世界経済の正常化期待が高まる状況とは対照的に、韓国の社会と経済運営の難しさは増しつつあるように見える。足許の韓国経済を俯瞰すると、輸出を中心にマクロ経済に関するデータは相応によい。しかし、家計の債務問題や人口動態に関しては先行きへの不安が高まっている。

主要企業の事業運営に関しても懸念材料が浮上している。米金利上昇によって、多くの海外投資家がそうした韓国経済のリスクをこれまでにまして真剣に考え始めたようだ。文大統領がそうした懸念の解消に取り組むことは容易ではない。むしろ、今後の韓国経済は米金利や海外投資家の投資行動など外部の要素に影響される側面が拡大する恐れがある。仮に米金利がさらに上昇し、それに影響されるようにして韓国の金利にも追加的に上昇圧力がかかれば、韓国の社会と経済にはかなりの影響がある。

関連記事

[ 2021年03月10日 08:41 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp