韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ベールを脱いだ起亜電気自「EV6」、視線集めるシャープなデザイン

ベールを脱いだ起亜電気自「EV6」、視線集めるシャープなデザイン

起亜(キア)は、今月末に公開を控えた初の専用電気車「EV6」の事前予告(ティーザー)の様子を9日、写真と映像で公開した。EV6は、プロジェクト名「CV」で開発された電気車だ。同日公開されたティーザーで、EV6は、スポーツユーティリティ車両(SUV)で、前部のフードから後部のスポイラー(トランクなど、車の後部に突出型で取り付けられて走行時の空気抵抗を減らす部品)まで、シャープなラインのデザインが目を引く。ヘッドライトとテールライトは、それぞれ電子ピクセル(画素)と光からインスピレーションを得た独特なデザインで設計された。

起亜は、EV6を今月末、オンラインで世界市場に披露後、7月から韓国内で販売を開始する予定だ。現代(ヒョンデ)自動車の初の専用電気車「アイオニック5」のように、現代自動車グループ専用電気車プラットフォーム(骨組み)「E-GMP」を基盤に開発された。カリム・ハビブ起亜デザイン担当(専務)は、「起亜のブランド方向性『Movement that inspires』に基づいた『EV6』は、顧客の多様なニーズを満たし、時間的余裕とインスピレーションを与える空間だ」と語った。

起亜は、EV6を皮切りに適用される専用電気車の名前体系も公開した。電気車を意味する英語固有名詞「EV」に数字を付ける方式だ。起亜側は、「電気車市場を先導するという意志を伝え、これを世界市場で直観的に顧客が分かるようにするためだ」と命名背景を説明した。EVの後ろにつく数字は、電気車製品群の中での位置を意味する。

スポンサードリンク
宋虎聲(ソン・ホソン)起亜社長は先月、投資家説明会の「インベスターデー」で、「2026年までに専用電気車製品群を7件紹介し、派生モデルまで計11種の電気車製品群を作りたい」と明らかにした。起亜の2030年の年間電気車の販売目標は88万台だ。
https://www.donga.com/jp/

2021-03-10-k005.jpg

韓国起亜自動車が初めての専用電気自動車の名前を「EV6」に決めた。今までプロジェクト名「CV」としか知られていなかった車両で、電気自動車を意味する「EV」に数字だけを付けた直観的な名前を採用した。EV6は現代車が最近公開した「アイオニック(IONIC)5」と同じように平たいスケードボード形態の電気自動車専用プラットフォーム(E-GMP)を基盤に製作された。時速0キロから時速100キロに達する時間は3秒台と言われており、量産は華城(ファソン)工場で行う。

起亜は今月末、オンラインでEV6を全世界に公開する。今後、起亜はEVに数字を付けた名前の電気自動車モデル7種を発売する計画だ。起亜デザイン担当(専務)のカリム・ハビブ氏は「EV6は顧客のさまざまな要求を満たし、時間的余裕とインスピレーションを与える空間になるだろう」としながら「大胆ながらも独創的、創意的モビリティー経験を提供できるよう絶えず努力していく」と明らかにしている。

関連記事

[ 2021年03月10日 08:46 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp