韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国製ゲーム「原神」、リリース5カ月で世界で売り上げ8.74億ドル

中国製ゲーム「原神」、リリース5カ月で世界で売り上げ8.74億ドル

中国製のオープンワールド型RPG「原神」は、2020年9月28日にリリースされると、世界中で大ブームを引き起こした。今月5日、米国の調査会社センサータワーがまとめた店舗情報データによると、世界の複数のプラットフォームで同時リリースされて以来、この中国のゲーム開発会社MiHOYO(ミホヨ)発「原神」は、モバイル端末の総売上が8億7400万ドルに達した。また、「原神」はRPGゲームの中で同期の世界売り上げがトップだった。これまで、モバイル端末での月平均売上高は1億7500万ドルを超えた。北京日報アプリが伝えた。

「原神」はリリース後すぐに世界的な成功を収め、iOSとGoogle Playでは騰訊(テンセント)の「王者栄耀」と「プレイヤーアンノウンズバトルグラウンズ(PUBG)」に次ぐ売り上げ3位だ。過去5カ月間に騰訊の両ゲームの売り上げがいずれも10億ドルを超えている。

地域別にみると、「原神」は中国市場で2億5300万ドルの売り上げを達成し、次は日本市場で2億3700万ドル、その次は米国市場の1億6200万ドルとなっている。携帯電話プラットフォームをみると、「原神」はアップルストアでの売り上げが5億2100万ドルに達し、アンドロイドのストアでは3億5200万ドルに達した。
https://www.recordchina.co.jp/b873168-s6-c20-d0189.html

スポンサードリンク
アメリカの調査会社Sensor Towerは3月4日、miHoYoが開発・運営する『原神』がApp StoreとGoogle Playの正式サービス開始から5ヶ月間で8億7300万ドル(日本円で約940億円、2021年3月4日のレート)を売り上げたとの調査結果を発表した。この数字はモバイル版(中国本土のAndroid版除く)の売上のみで、PC版やコンソール版の数字は含まれていない。

2021-03-11-k002.jpg

Sensor Towerの調査結果によると、2020年9月28日(『原神』リリース日)から2021年2月28日までにおける、App StoreとGoogle Playの合計売上金額は日本円で約940億円を記録し、『伝説対決 -Arena of Valor-』(約1,290億円)、『PUBG MOBILE』(約1,183億円) に続き第3位。以下、第4位に『ポケモンGO』(約700億円)、第5位に海外で高い人気を誇るオンラインゲームプラットフォーム『ROBLOX』(約623億円)がランクインしているが、RPGとしては『原神』はモバイルRPGとして世界で最も高い売上を稼ぐタイトルとなっている。

ちなみに両プラットフォームにおける売上の内訳は、App Store(iOS)が約550億円(5億2100万ドル)で約60%を、Google Play(Android)が約390億円(3億5200万ドル)で約40%という結果に。中国本土ではAndroid端末においてGoogle Playでアプリが提供されておらず、サードパーティーのアプリストアが多数存在するため、App Storeでの売り上げのみが集計対象との事。 App Storeの国別売上比率は、1位の中国が29%となり、日本は続く2位で全収益の27%を占めている。

関連記事

[ 2021年03月11日 08:23 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp