韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  外出自粛の効果?韓国で日本ビールの輸入量が670.3%増加

外出自粛の効果?韓国で日本ビールの輸入量が670.3%増加

2021年3月11日、韓国メディア・韓国経済によると、韓国で日本ビールの輸入量が増加の傾向にある。同日の韓国関税庁の発表によると、今年1月の日本ビールの輸入量は前年同期比670.3%増の1072トンと集計された。月間輸入量は昨年9月から5カ月連続で増加している。

これについて記事は「19年7月に始まった日本製品不買運動の影響が多少和らいだようだ」と伝えている。韓国の輸入ビール市場で「不動の1位」だった日本ビールは不買運動のメインターゲットとなり、19年6月に9462トンに達していた輸入量が同年9月には4トンにまで減少。輸入額もわずか6000ドルとなっていた。その後も低調が続いていたが、昨年9月からは右肩上がりで増加している。

ただ、不買運動以前の状況には遠く及ばず、今年1月の輸入ビール全体において日本ビールが占める割合は5.0%にとどまった。最も多く輸入されたのは中国ビールで全体の31.9%(6836トン)だったという。流通業界関係者は「一部のコンビニや大型スーパーで日本ビールの販売促進イベントが再開された影響」と説明。また「外出自粛の長期化により家で1人で飲酒する人が増えたことで、相対的に不買運動の影響力が弱まった部分もある」と分析したという。
https://www.recordchina.co.jp/b873285-s25-c20-d0191.html

スポンサードリンク
日本政府が2019年7月に韓国に対する輸出規制に踏み切ってから韓国内で広まった日本製品の不買運動の影響で、日本ビールの輸入は急減した。同年6月の9462トンから7月は5131トン、8月は245トン、9月は4トンにまで落ち込んだ。その後、輸入量は増減を繰り返し、昨年9月から増え続けている。 輸入量が増加したのは不買運動がやや和らいだためとみられる。

2021-03-11-k005.jpg

酒類業界関係者は「まだ輸出規制前に比べると非常に少ないが販促イベントも少しずつ行われており、コンビニで販売される日本ビールが多少増えたようだ」と話している。 1月の全体のビール輸入量に占める日本ビールの割合は5.0%だった。中国ビールが31.9%(6836トン)を占め最も多かった。日本からのビール輸入量が5か月連続で増加しているとはいえ、日本ビールの割合はまだまだ低い。最近では韓国で日本酒割合が増加している。

関連記事

[ 2021年03月12日 08:10 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp