韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  韓国・起亜車のエンジンに欠陥、米国でまたもリコール

韓国・起亜車のエンジンに欠陥、米国でまたもリコール

2021年3月10日、韓国メディア・韓国日報は「起亜自動車が米国でまたもリコールを実施することになった」と伝えた。 記事によると、リコールが適用されるのは2017~2021年製のSUV「スポーテージ」と、2017~2019年製のセダン「カデンツァ」など38万台。起亜自動車は所有者らに対し、火災の可能性に備えてリコール前は車両を屋外に駐車するよう指示したことが分かった。

米運輸省道路交通安全局(NHTSA)は、これらの車両の電子制御油圧制御装置(HECU)の電気回路ショート現象によりエンジンルームで火災が発生する可能性があるとしてリコールを決定したという。 今回のリコールは、2019年にNHTSAが現代・起亜自動車のエンジン火災問題を調査したことによるもの。NHTSAは当時、車の所有者から火災3100件以上、負傷103件などの報告を受けていた。また、今年1月にも現代自動車は米国でABSコントロールモジュールの欠陥から「ツーソン」47万1000台をリコール、起亜自動車も「スティンガー」2万台をリコールしていた。

昨年11月には、両社はエンジンリコールをめぐる調査終結のため、8100万ドル(約87億8600万円)の課徴金支払いをNHTSAと合意。安全性能や品質強化に向けて両社が内部投資することに合意した金額と課徴金を合わせると、計1億3700万ドル(約148億6000万円)に上るという。なお、起亜自動車は今後、韓国内でも同一車種に対するリコールを進める予定だという。
https://www.recordchina.co.jp/b873341-s25-c20-d0194.html

スポンサードリンク
韓国の起亜(キア)自動車が米国で「スポーテージ」と「カデンツァ」(K7)約38万台をリコールする。 ロイターなど外信が9日に伝えたところによると、起亜米国法人はこの日、2017~2021年型スポーテージとカデンツァについてリコールを実施することに決めた。同社はこの時期に生産された車のエンジン部品の電気回路から火災が起きる可能性が見つかったと説明している。

hyundai-3.jpg

起亜自動車はリコールされた車を対象に、電気配線箱のヒューズを交換する計画だ。起亜自動車はリコール措置が終わるまで車の所有者に対し、建物外部に駐車したり建物から離れた場所に駐車するよう呼び掛けている。起亜自動車関係者は「まだこの問題と関連した火災と衝突事故、けが人は報告されていない」と付け加えた。

一方で韓国・現代自動車と傘下の起亜自動車の米法人は、エンジントラブルなどに関する160万台のリコール(回収・無償修理)の遅れなどをめぐる問題で、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)との間で計2億1000万ドルの民事制裁金を支払うことで合意している。問題となったのは2015年と17年に実施された軸受けの摩耗やエンジンの欠陥に関するリコール。11─14年製の「ソナタ」、13─14年製の「サンタフェ」、11─14年製の「オプティマ」などが対象だった。

結局、電気系のリコールがさらにプラスされた形だ。品質保証に関する問題が次々と発見され、品質保証面の重要性を疎かにしてきたツケが出始めている。現代は14年8月にも1735万ドルの罰金を支払っている。2件の事故被害に関連したブレーキの欠陥をめぐって、「ジェネシス」4万3500台のリコールが遅れたことが問題視され、NHTSAは「安全性に関する不具合への対処方法を転換する必要がある」と警告していた。

関連記事

[ 2021年03月13日 08:39 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp