韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ソフトバンク出資の韓国ECサイト・クーパンが米上場 終値40%高と好発進

ソフトバンク出資の韓国ECサイト・クーパンが米上場 終値40%高と好発進

ソフトバンクグループが出資する韓国のネット通販大手クーパンが11日、米ニューヨーク証券取引所に上場した。初値は公開価格(35ドル)の81%高となる63.50ドルを付け、終値は40.7%高の49.25ドルだった。

米市場での新規株式公開(IPO)では今年最大。時価総額は一時約1090億ドルまで膨らんだ。また、ソフトバンクGはクーパンの上場によって、約330億ドルの利益を計上した。

クーパンは他の多くの電子商取引企業と同様に新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴うネット販売需要の増加を追い風に、売上高を伸ばしてきた。2020年の純売上高は91%増の110億ドル。純損失は5億6760万ドルと前年の7億7020万ドルから縮小した。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2021/03/ec40.php

スポンサードリンク
韓国の電子商取引(EC)大手クーパンが11日(米東部時間)、米ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場した。終値は1株当たり公開価格(35ドル=約3800円)を40.7%上回る49.25ドル。ヤフーファイナンスによると、クーパンの時価総額は終値ベースで886億5000万ドルに上った。同社には日本のソフトバンクグループが出資している。

2021-03-14-k001.jpg

ブルームバーグ通信などによると、米国での新規株式公開(IPO)で、クーパンは2019年の米ウーバー、海外企業としては14年の中国・アリババ集団以来の大型案件となった。 クーパンは45億5000万ドルを調達したとみられる。 また、2015年と18年に計30億ドルをクーパンに投資しているソフトバンクグループは、クラスAと呼ばれる普通株式を37%保有することになる。 クーパンのキム・ボムソク取締役会議長はロイター通信に、「インフラと技術にさらに数十億ドルを投じ、5万人の雇用を生み出す」と語っている。

関連記事

[ 2021年03月14日 07:53 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp