韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  全固体電池で一発逆転狙うトヨタ

全固体電池で一発逆転狙うトヨタ

全世界の自動車メーカーが電気自動車(EV)への転換を急ぎ、先を争うように最新モデルを発表する中、日本を代表する自動車メーカー、トヨタ自動車はやや物静かだ。販売中の純EVは中国で発売した小型SUV1モデルだけで、中国以外では世界舞台でのデビュー作となる「レクサスUX300e」が年内にも本格発売される見通しだ。トヨタは8日、国内のサービスセンターにEV充電網を構築すると発表したが、これもテスラ、ポルシェなどに比べればかなり遅れている。

トヨタはEV競争で淘汰されたのか。業界からは「トヨタは意図的にスピードを調整しているだけで、EV時代が完全に花開けば、ダークホースになり得る」との見方が示されている。既にEVの技術力とインフラを備えており、ライバルの動きを見ながらそれに対応する戦略とみられる。「遅くても着実に行く」というトヨタの戦略が逆転をもたらすかどうか検証した。

表面的には純EVに関心がないように見えるトヨタは実際には10年以上、EV技術を準備している。EVの重要部品であるバッテリー、その中でも「夢のバッテリー」と呼ばれる全固体電池だ。現在EVに搭載されているリチウムイオン電池は電解質が液体でできており、熱と衝撃に弱く、火災リスクもある。電解液を固体にすれば、爆発の危険性が大幅に低下する。バッテリーのサイズも小型化できる一方、容量は増え、充電速度も速くなる。トヨタは昨年末、「現在開発中の全固体電池を搭載すれば、10分の充電で500キロメートルを走ることができる」と説明したが、これは現在のEVバッテリーの充電速度に比べると3倍以上速い。

スポンサードリンク
トヨタは2000年代初めから全固体電池の研究を開始。08年から商用化のための本格的研究を行ってきたという。トヨタが持つ全固体電池の特許は1000件を超える。これは全世界の全固体電池に関連する特許の約4割を占める。国内のバッテリー業界関係者は「トヨタの特許を避け、全固体電池を開発するのは非常に難しい状況だ」と話した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/03/12/2021031280079.html

2021-03-14-k003.jpg

現在、車載用電池はリチウムイオン電池(LiB)が多用されているが、同電池は電気自動車(EV)向けとしては、性能の限界に近づきつつある。そこで、既存の液系リチウムイオン電池を固体化する「全固体電池」の実用化に期待が集まっている。全固体電池の構造を簡単に言えば、既存電池の構成材料「セパレーター」と「電解液」の代わりに「固体電解質」を使う。全固体電池が期待される理由の一つ目は、火災事故のリスクが低減する可能性がある点だ。

二つ目は、電池の冷却システムを省略できる可能性がある点だ。液系電池の作動温度域はマイナス30度から50度までの範囲で、特に50度を超える高温域では電池の劣化が加速する。これに対し固体電解質は、100度の高温域でも使え、かつ高温域ではイオン伝導率も大きくなるため性能も向上する。そのため、液系では必要な電池冷却システムを省略でき、電池システムのコンパクト化が期待できる。

全固体電池の開発は日本勢が先行しており、トヨタがこの流れを作っている。同社は2020年代前半に全固体電池を搭載したEVの実用化を目指し、21年には試作車を公開する予定だ。トヨタは20年4月1日付で、パナソニックと「角形金属缶リチウムイオン電池」の合弁会社「プライムプラネットエナジー&ソリューションズ(PPES)」を設立したが、ここでも全固体電池の開発を進めていく。 一方、日産自動車は28年に全固体電池を実車に搭載するとしている。

関連記事

[ 2021年03月14日 08:42 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
まだハイブリッド
モータースポーツ界はまだハイブリッドだから。
ルマンのはトヨタ、F1のホンダはハイブリッド。
2021年シーズンが終わってからでしょう。

フォーミュラeというEVのカテゴリがあるが、パッとしない。
各社が本気でEVレーサーを作ったら恐ろしいことになる。
レギュレーション次第。
[ 2021/03/15 00:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp