韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  LG、米バッテリー工場の新設に5兆以上を投資

LG、米バッテリー工場の新設に5兆以上を投資

LGエネルギーソリューションが5兆ウォン以上の大規模な投資を通じて、米国内生産施設の構築に乗り出す。米国市場で主導権を固め、SKイノベーションと行っている紛争で優位に立つための布石という分析が出ている。

LGエネルギーソリューションは、2025年まで5兆ウォン以上を投入して、米国に70GWh(ギガワット時)以上のバッテリー生産能力を追加で確保する計画だと、12日発表した。従来のミシガン工場(5GWh)と合計すれば、LGエネルギーソリューションは、米国だけでも75GWhを超える独自の生産能力を持つことになる。これらの工場では、既存の主力製品である電気車やエネルギー貯蔵装置(ESS)用ポーチバッテリーだけでなく、ローズタウンモーターズ、プロテラなど、電気車のスタートアップを中心に需要の大きい円筒型バッテリーも生産する。工場雇用人員と工場建設に投入される人員を合わせて、1万件以上の雇用を創出すると予想される。

LGエネルギーソリューションは、上半期(1-6月)に2カ所以上の工場候補地を選定する計画だ。新しく建設する工場は、100%再生可能エネルギーのみで運営するという計画だ。また、ジェネラルモーターズ(GM)と共に設立した合弁法人(JV)「アルティウムセルズ」第2工場への投資規模や敷地も、上半期に確定する。

スポンサードリンク
今回の投資で、LGエネルギーソリューションは、急成長が予想される米電気車、ESS市場でトップの座を強固にするだろうという予測が出ている。米国際貿易委員会(ITC)のバッテリー紛争で敗訴し、米政府に拒否権行使を要請しているSKイノベーションに対する防御のためという分析もある。バッテリー工場の稼動中止は、米経済に否定的に働くだろうという主張に立ち向かい、自社の投資拡大を通じて十分バッテリー需要への対応が可能だと強調したという。
https://www.donga.com/jp/

2021-03-15-k002.jpg

韓国LG化学は12日、2025年までの5年間で米国に計5兆ウォン(4800億円)以上を投資すると発表した。米ゼネラル・モーターズ(GM)との車載電池の合弁工場新設などが主要な投資対象となる。70ギガワット時の電池生産能力を追加で確保し、4000人以上の雇用を創出するとしている。LG化学から20年に分社した電池子会社LGエネルギーソリューションが主体となって設備投資する。

LGエネルギーソリューションは、今回の投資で容量70ギガワット時(GWh)のバッテリーを生産すると発表している。LGは具体的に、米国に新設する工場の建設予定地は確定していないが、上半期中に敷地を選定するとした。LGエネルギーソリューションは2025年までに5兆ウォン以上投資し、米国だけで独自に70GWh以上のバッテリー生産能力を追加で確保する計画である。投資が行われれば、既存のミシガン工場(5GWh)に加え、合計75GWhの生産能力を米国で持つことになる。

LGエネルギーソリューションは、今回の投資で70GWhの生産能力を追加確保すれば、今後の直接雇用人員は4000人、工場建設期間中の投入人員6000人と1万以上の新規雇用創出が可能と予想している。米国の直接雇用人員は既存のミシガン州の工場1400人、オハイオ州のGMとの合弁工場1100人を合わせると、6500人余りに達している。

関連記事

[ 2021年03月15日 08:34 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp