韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ファーウェイ、サムスン・アップルに5G特許使用料要求

ファーウェイ、サムスン・アップルに5G特許使用料要求

中国通信装備企業のファーウェイがサムスン電子やアップルなどスマートフォンメーカーに対しファーウェイが特許を持つ第5世代(5G)移動通信無線技術に対する使用料(ロイヤルティー)を要求すると明らかにした。

ブルームバーグが16日に伝えたところによると、ファーウェイの宋柳平最高法務責任者(CLO)はこの日、中国・深センのファーウェイ本社で開かれた行事で「ファーウェイはサムスン電子やアップルなどと特許ロイヤルティーと相互特許(クロスライセンス)契約協議に入るだろう」と話した。

ファーウェイ知的財産部門責任者の丁建新氏は「スマートフォン1台の特許ロイヤルティー上限を2.5ドルに設定するだろう」と話した。ファーウェイは「2019~2021年基準で特許ライセンス収益として12億~13億ドルを得られるだろう」と予想した。このうち5G部門の特許使用料の割合がどの程度なのかは具体的に明らかにしなかった。

スポンサードリンク
ブルームバーグは「米国がファーウェイの通信装備輸出を制限し、部品サプライチェーンも遮断したことからファーウェイが新たな収入源探しに出た」と分析した。
https://japanese.joins.com/JArticle/276624?servcode=300§code=320

2021-03-17-k005.jpg

Bloombergは、中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)は第5世代(5G)無線技術に関して保有する数多くの特許について、米アップルなど大手端末メーカーがアクセスする際に「合理的な」使用料の課金を開始すると明らかにした。世界をリードする次世代通信技術を持つファーウェイにとって、大きな収入源になる可能性があると報じている。

ファーウェイは5G技術特許を世界で最も多く保有する。同社の宋柳平最高法務責任者(CLO)は16日に深圳で記者団に対し、アップルやサムスン電子と使用料率や特許の相互利用の可能性について協議すると発言。米国がファーウェイをサプライチェーンから締め出し、同社製の通信機器を排除しても支払いが行われるようにするのが狙いだとし、使用料は競合のクアルコムやエリクソン、ノキアなどよりも安くする方針だと説明している。

複数の幹部はこれまでに、ファーウェイは2019年から21年の間に特許・ライセンス使用料でおよそ12億-13億ドル(約1310億-1420億円)を稼ぐだろうと述べていたが、これらのうち5G関連がどの程度を占めるかは明言していない。ファーウェイの知的財産部門責任者を務める丁建新氏によると、同社はスマートフォン1台当たりのロイヤルティーの上限を2.5ドルに設定している。

関連記事

[ 2021年03月17日 08:36 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp